男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

公表する勇気。

アメリカの俳優のチャーリーシーンは、

自分がHIV陽性であることを公表した。

 

アップルのティムクックCEOは、

自分がゲイであることを公表した。

 

2人の公表を、同列に論じることはできないかもしれないが、

有名人が、一般的にはマイナスにとらえられがちな自分の属性について

公表したという点では、ひとつの共通性がある、と考えることができる。

 

自分は、この公表を支持する。

 

その公表にはおおきな勇気が必要だったかもしれないが、

そのもたらす社会的なインパクトは大きく、

既存の考え方に対する、革命となるものかもしれない。

 

そして自分は、いかなる種類の革命であれ、革命を歓迎する人間だ。