この世界の不思議

この世界のいろんなことについて、思ったことを書いていきます。

ブロガーバトンがやってきた

みなさん天機です。٩(ˊᗜˋ*)و

 

 

 

今回は、

ブロガーバトンがやってきた

というテーマで書いてみたいと思います。

(この記事の字数は 約3700字)

 

 

 

きのう、自分のブログにとるてさん(id:torute3)さんから

IDコールがあり、

ブロガーバトンというのがまわってきました!٩( ๑╹ ꇴ╹)۶

 

とるてさん、ありがとうございます٩(ˊᗜˋ*)و

 

 

 

とるてさんは、天機が長いことやりとりさせていただいている

ブロガーさんで、

うつ病の体験記から、ゲームのお話、旅行記

そして最近までは婚活のお話など、

もりだくさんでとても面白い内容のブログを運営されています

٩(ˊᗜˋ*)و

 

天機はこのとるてさんのブログ記事のなかの、

ストレスに対処する心のもちかた、のような記事で、

ずいぶん救われた記憶があります。

 

 

 

www.torute3.com

 

 

 

さて、このブロガーバトンなんですが、天機は、

とるてさんからまわってきたことで、

はじめてその存在を知りました(^_^;)

 

世の中の動きになにかとうとい天機ならではですね(((゜Д゜;)))

 

 

 

以下のようなフォーマットに打ち込んでいくようです。

 

 

 

f:id:reasongomainstream:20200704094336j:plain

 

 

 

 

なるほど・・・これにうちこんでいくのね・・・

と思ったのですが、これが意外と簡単ではなかったりするのです((((;゚Д゚))))

 

でも、なんとかやってみましょう。

 

 

 

f:id:reasongomainstream:20200704121025j:plain



 

 

と、このような感じになりました・・・・٩(ˊᗜˋ*)و

 

 

 

天機は最初、どうやってこのhiyapaさん作成のフォーマット(画像)

に文字をうちこんでいくのか、

ぜんぜんわかりませんでした。

 

それで、ネットでいろいろしらべて、

なんとかつぎのような方法でつくりました。

 

 

 

まず、このフォーマットを左クリックで指定します。

 

そして、つぎに右クリックし、

メニューの中から名前をつけて保存をえらびます。

 

そのつぎに、パソコンでやっているひとは、

ウインドウズ10ならば、

ペイント3Dというお絵かきソフトを起動します。

 

そのなかの、ファイルを参照というところを押します。

 

フォーマットをとりこんだところで、

テキストという文字入力のためのやつを押します。

 

それで文字を入力していきます。

 

左上の画像をはりつけるボックスには、

ペイント3Dのなかの、ステッカーというのをつかって、

すきな画像をいれます。

 

 

 

こんな感じですかね。

 

スマホだと、もうちょっと簡単に入力できるのかな?

 

 

 

さて、天機のブログなんですが。

 

 

 

いちばん古い記事は、こんなのですかな。

 

 

 

reasongomainstream.hatenablog.com

 

 

 

このはてなブログは、2017年2月7日にスタートしているのですね。

たしか、晩の9時頃だったかな?

いちばん最初の記事をアップしました。

 

 

 

どうして、その年月日と時間をえらんでスタートしたのか、

というと、

それが西洋占星術的に、

すごくいい日時だったからなのですね( *´艸`)

 

 

 

じつは天機は、はてなブログを始める前のこと、

2010年から2015年くらいまで、

アメブロをやっていました。

 

ところがそのアメブロは、

あんまりぱっとしなかったのですね。

 

 

 

ぱっとしなかった理由はいろいろありますが、

あとからアメブロを始めた年月日をしらべてみると、

西洋占星術的にあまりよろしくない日時で

スタートしてしまっていたのです(つд`)

 

 

 

それで、はてなブログをスタートする時には、

きちんとラッキーな日時をえらんでスタートしようと

思ったのです。

 

 

 

それが功を奏したのか、

はてなブログでは多くのみなさんとの交流もできて、

とても楽しい時間をすごせています٩(ˊᗜˋ*)و

 

 

 

ではつぎに。

 

 

 

天機が一番気に入っている力作は、

つぎの記事です。

 

 

 

reasongomainstream.hatenablog.com

 

 

 

これは20000字くらいある超大作なのですが、

正直、読み返してみると、

非常に理屈っぽくて読みづらい(^_^;)

 

 

 

しかし、この天機のブログをよくあらわしている

記事だと思います。

 

 

 

■ 天機のブログ歴

 

先ほど述べましたように、

天機ははてなブログをはじめるまえに、

アメブロでも雑記ブログをやっていました。

 

なので、

アメブロで5年くらい、はてなブログで3年5か月、

通算ですと8年以上はブログをやっていることになりますねლ(╹◡╹ლ) 

 

 

 

■ 天機という名前について

 

天機というのは、紫微斗数という東洋占術にでてくる

星の名前なのですね。

 

天機星という星があるのです。

 

この天機星というのは、智恵にすぐれていて、

天の機密をさぐろうとしたりするらしいですΣ(゚д゚;)

 

天機は、紫微斗数で自分をうらなったときに、

この天機星の影響がとても強い生まれであったのと、

天機星の性質がこのブログの趣旨によく合っていることから、

これを名前にしました。

 

 

 

■ 更新や記事数について

 

天機の更新は、不定期です。

 

とくに、いつ更新するか、決めているわけではありません。

 

ほんとうは、毎日とか、定期的に更新できればいいのですが、

天機はぐうたらなので、

なかなか、自分で決めたその基準を守れないような気がします(;^ω^)

 

 

 

なので、更新しないときは、

数十日くらい、あいてしまうこともありますね。

 

そんななかでも、

天機のブログを忘れずにやってきてくださる読者のみなさまには、

感謝の気持ちでいっぱいです٩(ˊᗜˋ*)و

 

現在400記事くらいあるのですが、

1000記事くらいをまず目標にして、

これからも書いていきたいですね。

 

 

 

■ このブログのジャンルについて

 

雑記ブログです。

 

中心となるテーマは、この世界の不思議について

独自説を発表していくことなのですが、

それ以外にも、時事問題とか、世の中のこと、

日常で自分が思ったことなどを、

とくに限定することなく、いろいろと書いています。

 

 

 

■ ブログをはじめたきっかけ

 

ふむむ。

 

なんでしょうかね。

 

最初にアメブロをはじめたときには、

自分の思ったことを適当に世の中に発表しよう、

くらいの気持ちでした。

 

 

 

じつは、アメブロでは、

この世界の不思議についての、

自分の特殊な考えを開陳するというのは、

まだ、やってなかったのですね。

 

 

 

世の中のこと、森羅万象についての、

天機独自の奇妙な考えというのは、

いまから20年ほど前の、

大学時代にその萌芽があります。

 

 

 

天機はその当時、一人暮らしをしていました。

 

あまり人と交流することもなく、

部屋で1人でいることが多かったのですが、

そんななかで、

雑記帳というノートに、

自分の思ったことや考えたことを記していく、

というのをやっていたのです。

 

 

 

その雑記帳には、最初は、

自分のこととか、世の中のこととか、

いろいろ書いていたのですが、

だんだんとそのうち、

森羅万象の背後にあることまで思考が及ぶようになってきました((((;゚Д゚))))

 

 

 

人間、あんまり1人でいることが長いと、

頭がおかしくなってくるのかもしれません。

 

 

 

そんなこんなで、

そういった変な思考というのは、

それから20年ほどもつづいて、現在に至るわけです。

 

 

 

この変な世界は、

最初は世の中に発表するつもりはさらさらなく、

自分だけの秘密にしておくつもりでした。

 

 

 

でも、このはてなブログをはじめるときに、

この自分の特殊な世界を世の中に開陳してみたら、

どんな反応が返ってくるだろう??

と、すこし興味がでてきて、

それで発表してみようと思ったのですね(*゚▽゚)ノ

 

 

 

■ このブログの今後

 

今後もおなじようにマイペースで、

自分の思いついたことを書いていきたいと思っています。

 

 

 

さて。

 

 

 

このブロガーバトンをだれにわたそうか、

ということなのですが、

自分が大好きなブログのなかから、

以下のかたにお願いしようと思います( *´艸`)

 

 

 

漆うしる(id:UrushiUshiru)さん

 

とても魅力的なイラストを描かれるかたで、

可愛くて楽しいキャラクターがいっぱいです。

 

その可愛らしいキャラクターの中には、

けっこう凶暴な人格の持ち主もおおく、

うしるさんはよく刺されたりしています((((;゚Д゚))))

 

綺麗な写真がふんだんに散りばめられた温泉旅行記

たのしいです。

 

いつもありがとうございます٩(ˊᗜˋ*)و

 

 

 

ヒダマル(id:hidamaru)さん

 

甥っ子さんとの楽しいやり取りや、

ポケモンのこと、デジモンのことなど、

楽しい記事をあげていらっしゃいます。

 

小説の大賞に応募して1次審査?2次審査?

を通過したという、かなりの実力者でもあります。

 

天機はヒダマルさんの記事の中の、

ときどき掲載される、世の中に対する鋭い批評が好きです。

 

いつもありがとうございます٩(ˊᗜˋ*)و

 

 

 

肉q(id:Nickq)さん

 

信じられないような数奇な人生経験をおもちのかたで、

ほんとうにびっくりさせられます。

 

賢いだけでなく、優しい方でもあります。

 

いまは精神科医をされていますが、

いつも患者さんへの視線があたたかいです。

 

いつもありがとうございます٩(ˊᗜˋ*)و

 

 

 

以上のお三方、

もしよろしければ、ブロガーバトンを

よろしくお願いします・・・・(#^^#)

 

もちろん、ご負担であれば、

スルーなさってくださってぜんぜんかまいません٩( ๑╹ ꇴ╹)۶

 

 

 

以上、天機でした(*゚▽゚)ノ

グーグルのホリデーロゴ、うざい

みなさん天機です。٩(ˊᗜˋ*)و

 

 

 

今回は、

グーグルのホリデーロゴ、うざい

というテーマで書いてみたいと思います。

(この記事の字数は 約3000字)

 

 

 

みなさんは、インターネットを使用する際の

ポータルサイトを何にしていらっしゃるでしょうか。

 

朝起きて、さあネットにつなごうというときの、

いちばん最初のページは、なにから始まるでしょうか。

 

 

 

自分はグーグルにしています。

 

グーグルクロームを使っていて、

いろんなお気に入りのブックマークもそこにあるので、

必然的にそこからスタートすることになります。

 

 

 

このグーグルのトップページは、

ふだんはグーグルの社名のロゴがふつうに

アルファベットで表示されているだけなのですが、

なにかの拍子に、

google doodleというのでしょうか、

ホリデーロゴというのが顔を出して、

見慣れないロゴに変わっていることがあるのですねΣ(゚д゚;)

 

 

 

このgoogle doodleというかホリデーロゴというのは、

別に気にならないひとは、気にならないでしょう。

 

 

 

あ、きょうはこんなイベントがあるんだな、

とか、

あ、こんなひとが偉大な業績をのこしたんだな、

とか、

気づけるから、あったほうがいいな、というひともいるでしょう。

 

 

 

しかし、

このgoogle doodleやホリデーロゴが気に入らない、うざい、

と感じる人も、

世の中にはけっこういるようです。

 

 

 

ひとつには、

そういった特殊なロゴが頻繁にあらわれると、

注意がそらされる、ということがあるかもしれません。

 

 

 

天機もこのgoogle doodleやホリデーロゴがうざい、

と感じる人間なのですが、

その理由はちょっと違います。

 

 

 

天機がそれをうざいと感じる理由は、

それがフィーチャーする人物の選択基準に、

グーグルの思想というか、

主義主張、価値観のようなものが入り込んでいる

ように感じるからなのですね(((゜Д゜;)))

 

 

 

人間というのは一般的に、

美しいものや快いものを好む性質をもっています。

 

 

 

だから、たとえば、

コカ・コーラなどの清涼飲料水のCMとかでも、

美しい女優とか、かっこいい俳優とかを使い、

いかにも清涼感あふれるイメージでもってCMをつくって、

消費者に買ってもらおうとしますよね?

 

 

 

CMだけではありません。

 

 

 

男性がおおむねAKB48のような女性アイドルを好むのも、

女性がおおむね嵐のような男性アイドルを好むのも、みな、

その外見がおおむね美しい、ということが

おおきなファクターになっているのです。

 

 

 

ちょっと語弊があるかもしれませんので、付言すると、

もちろん男性がみなAKBのようなアイドルを好むわけでもなく、

女性がみな嵐のようなアイドルを好むわけでもないので、

正確に言うと、

AKBのような女性アイドルを好む人間にはどちらかというと

男性が多く、

嵐のような男性アイドルを好む人間にはどちらかというと

女性が多い、といったほうがいいでしょうか。

 

 

 

そしてさらにいうと、

そもそも男性アイドルであれ、女性アイドルであれ、

アイドルなんてものに興味を示さないひとは、

世の中にはたくさんいると思います。

 

 

 

思いますが、べつにアイドル枠ではなくても、

テレビにうつる人間というものは、たいていは、

ドラマに登場する俳優さん、女優さんであれ、

報道のキャスターであれ、

男性でも女性でも、外見が美しい人がけっこうでてきます。

 

 

 

それは結局のところ、

ひとは、外見が美しい人間をみると、

ある種の心地よさを感じるものであり、

人間がそういった感情をもつことは、

ごく自然なことだと、天機なんかは思うのですね٩(ˊᗜˋ*)و

 

 

 

ところが。

 

 

 

グーグルはおそらく、企業として、

それとは異なった価値観や主義主張を持っているようなのです((((;゚Д゚))))

 

 

 

つまり、

 

人間の価値は外見のみによって

判断されるべきではない

 

というような、

ある種の道徳教師のような価値観を持っているようなのです。

 

 

 

とりわけ、このグーグルの価値観は、

女性に対する関係においては非常に厳しくて、

 

女性というものは

その外見が美しいかどうかだけによって

価値を決められるべきではない

 

というような価値観を、たぶん、持っているのですね。

 

 

 

なので、google doodleというか、ホリデーロゴに採用される

人物というのは、

グーグルのもつそのような価値観や主義主張を体現したような

人物がより多く採用されることになります。

 

 

 

具体的に言うと、

男性を喜ばせるような外見をもつ女性の偉人が採用される

ことはまずなく、

どちらかというと、

男性をあまりいい気分にはさせないような外見を持ちながら

偉大な業績をのこした、

というような女性が、グーグルのお眼鏡にはかない、

google doodleを飾ることになります。

 

 

 

結果、google doodleにはときどき、

こういうのがよく登場することになります。

 

 

 

f:id:reasongomainstream:20200630135904p:plain

 

 

 

これは見る人、とくに男性にとっては、

非常に不快なものになりえます。

 

 

 

というのも、先に述べたように、一般的には、ひとは、

美しいものや快いものに触れたい、視界に入れたい、

という希望を持っているのですが、

この、グーグルのgoogle doodleというのは、

それと正反対の、

ありていに言えば、

醜いものを見るように強要してくるからです。

 

 

 

一見したところ、

こんな偉人がいましたよ、称えましょう、

というていをとりながら、じつは、

女性を外見で判断することなくその中身の業績で評価しましょう

という価値観でもって洗脳してこようとするのです。

 

 

 

だから、google doodleには、まずもって、

外見が魅力的な女性はでてこないのです。

 

 

 

外見のみでひとを判断することはよくないことかもしれませんが、

ひとが外見の美しさを1つの好ましいものと考えるのは、

人間にとって自然なことだと、天機は思うのですね٩( ๑╹ ꇴ╹)۶

 

 

 

だって、

男性だって美人が好きですが、女性だってイケメンが

好きでしょう?

 

 

 

ひとが美しいものを好むのは自然なことで、

グーグルによってその価値観をとやかく言われたり、

ましてや、

その嗜好を矯正されたりする必要は、

まったくもってないと、天機は考えます。

 

 

 

というわけで、

これまでこのgoogle doodleは何回となく目にしてきましたが、

そのなかで、

妙な外見をもつ女性が偉人として何回も紹介されるのを見るにつけ、

なんとかしてこれをグーグルのトップページから排除し、

視界に入れずにすますことはできないか、

と考えてきました。

 

 

 

結論から言うと、

google doodleを排除することは、

グーグルの公式の機能としては、できないようです(つд⊂)

 

 

 

なので自分は苦肉の策として、

ポストイットを半分に切ったものをパソコンの画面上に

物理的に貼り付けることで、

この画像の顔の部分を視界から遮断していました。

 

このgoogle doodleが出る日だけは、そうしていたのです。

 

 

 

でも、それだと、

ほかの自分が見たいページに行ったときに、

そのポストイットが邪魔になりますよね・・・

 

 

 

ですが、今日、たまたま、

もっと効率のいい方法を思いつきましたლ(╹◡╹ლ) 

 

 

 

グーグルのトップページの

表示倍率だけを

最小にしてしまうのです( ゚∀ ゚)

 

 

 

そうすれば、このgoogle doodleの人物の顔は、

判別できないくらいに小さくなってくれます!

 

 

 

今回は、

グーグルによる洗脳との戦いについてでした。

 

 

 

以上、天機でした(*゚▽゚)ノ

マイナスが少ないという喜び

みなさん天機です。٩(ˊᗜˋ*)و

 

 

 

今回は、

マイナスが少ないという喜び

というテーマで書いてみたいと思います。

(この記事の字数は 約1700字)

 

 

 

人間、生きていれば、

うれしいことや楽しいこともあり、また、

つらいことや嫌なこともあります٩( ๑╹ ꇴ╹)۶

 

 

 

うれしいことや楽しいことは、

人間がそれを求めるもの、好むものであるのに対して、

つらいことや嫌なことは、

人間ができれば遭いたくないと思うもの、嫌うものですよね。

 

 

 

できれば、

うれしいことや楽しいことは多くて、

つらいことや嫌なことは少ないほうが、

人生はきっとよりよくなる。

 

そう考える人も、多いかもしれません。

 

 

 

では、ここで、

こんなことを考えてみましょう。

 

 

 

みなさんは、

①うれしいこともとても多いけれど、嫌なこともとても多い

というパターンと、

②うれしいことは少ないけれど、嫌なことも少ない

というパターンだったら、

どちらのほうを、より好ましく感じますか?(*゚▽゚)ノ

 

 

 

たとえば、こんな例で考えてみましょうか。

 

 

 

まず、

①うれしいことはとても多いが、嫌なこともとても多い例です。

 

 

 

あなたは、ある飲食店に入ります。

 

そこでは、高級なお寿司とか、高級な焼き肉とか、

フランス料理のフルコースとか、

とにかく、普段めったに食べられないような、

高級で美味しそうな料理を食べることができます。

 

値段にすると、数万円でしょうか。

 

これが、うれしいことが多いということです。

 

 

 

ところが、その飲食店の店内には、

ハエがひっきりなしに頭上を飛び交っています。

 

床の上には、わけのわからない虫もうごめいていて、

いたって不潔な印象です。

 

これが、嫌なことも多い、ということです。

 

 

 

以上のように、①の例としては、

料理は高級で非常に美味しそうという点はうれしいことが多いのですが、

店内環境がいたって不衛生ということで、

嫌なことも多い、という事例です。

 

 

 

では、②の例にいきましょう。

②うれしいことは少ないけれど、嫌なことも少ない、というパターンです。

 

 

 

あなたは、ある飲食店に入ります。

 

そこはごく一般的な庶民的な蕎麦屋さんで、

あなたが頼むのは、数百円程度のきざみそば定食です。

 

料理が比較的質素ということで、うれしいことは少ないのです。

 

 

 

ただ、その店内はこざっぱりとした感じで、

豪勢な感じでは全然ないのですが、

素朴ななかにも、清潔で、掃除も行き届いています。

 

これが、嫌なことも少ない、ということです。

 

 

 

このように、②の事例では、

料理は質朴な感じということでうれしいことは少ないのですが、

店内は豪勢でなくても清潔で、不快感を感じるものではない、

ということで、嫌なことも少ないのです。

 

 

 

さて、みなさんは、

①の飲食店のように、

うれしいことも多いけれど嫌なことも多い、というのがいいか、

それとも②の飲食店のように、

うれしいことは少ないが嫌なことも少ない、というのがいいか、

どちらがいいですか?( ゚∀ ゚)

 

 

 

これはひとによりけりだと、天機は思います。

 

 

 

めったに食べられない料理を味わえるということに

非常に高い価値を見出すひとならば、

多少の不潔さには目をつぶって①を選択するでしょう。

 

 

 

いっぽうで、

自分は不潔なのはどうしても我慢ならない、というひとなんかは、

②を迷うことなく選択するかもしれません。

 

 

 

天機ならば。

 

 

 

まちがいなく②を選択します。

 

というのは、天機はこの事例にかぎらず、

 

プラスが存在するということよりも

マイナスが存在しないということのほうに

非常に大きな価値を置くから

 

なのです。

 

 

 

なので、たとえば1000円あるとしますよね?

 

その1000円しか持っていないとして、

殺虫剤を買いますか、CDを買いますか、ってなったときは、

天機は、殺虫剤のほうを買う可能性の高い人間なのです。

 

 

 

CDを買えば、楽しみというプラスが増します。

 

しかし、殺虫剤を買えば、

虫がでてきたときに嫌な思いをするというマイナスを除去できます。

 

 

 

そして天機は、

マイナスを放置したままプラスを喜ぶよりも、

たとえプラスが手に入らなくてもマイナスを除去できるほうを

選択する人間なのです。

 

 

 

この点は、みなさんはどうお考えになるか、

非常に興味深いところです。

 

 

 

以上、天機でした(*゚▽゚)ノ

【紫微斗数】天魁星と天鉞星の分析

みなさん天機です。٩(ˊᗜˋ*)و

 

 

 

今回は、占星術や運命学にかんするお話になります。

(この記事の字数は 約2000字)

 

 

 

占星術や運命学にかんする記事は、

どうしても読む人を選んでしまう側面があります(つд`)

 

 

 

しかし、

自分のブログには、けっこう、

この占星術や運命学の記事を読みに来てくれるひとが

いるみたいなので、

ときどき、そういった記事もあげていこうかなあ、

という気持ちがあるのですね٩( ๑╹ ꇴ╹)۶

 

 

 

f:id:reasongomainstream:20200618101823p:plain

 

 

 

天機がこのブログでときどき取り上げている東洋占術の1つに、

紫微斗数(しびとすう)があります。

 

今回は、その紫微斗数に関連するお話です。

 

 

 

紫微斗数には、いろんな星があります。

 

よい影響をあたえてくれる吉星もあれば、

よくない影響をおよぼしてくる凶星もあります。

 

 

 

代表的な甲級吉星に、

 

天魁星と天鉞星(てんかいせいとてんえつせい)

 

というのがあります٩(ˊᗜˋ*)و

 

 

 

2つは双星としてあつかわれています。

 

 

 

この2つの星に共通する性質としては、

 

困った時にも貴人の助けがはいる

(東洋占術では自分の力になってくれる有力者のことを

 一般的に貴人といったりするので、

 かならずしも身分が高いというわけでもない)

 

求職や試験がスムーズにいく

 

運がとてもいい

 

老年期にはいると、周囲からの助けは

あまり期待できなくなる

 

といった性質があり、

これらの天魁星や天鉞星が、

命宮その他の重要な宮にはいった場合には、

こういった性質が顕著に発揮されるものとされています٩(ˊᗜˋ*)و

 

 

 

紫微斗数に関する書籍には、いろんなものがあります。

 

 

 

ずいぶん昔ですが、

西村天然というひとの書いた、

 

紫微斗数開運星占術

 

という本がありました。

 

 

 

この本のなかでは、

天魁星と天鉞星の2つについては、

きわめて高く評価されていましたね。

 

 

 

なんでも、この2つのどちらかが命宮にあるひとというのは、

めちゃくちゃ運のいいひとで、幸運にめぐまれ、

僥倖(ぎょうこう=偶然の幸運)にめぐまれる、

なんてことが書いてあったりしました。

 

 

 

ところで、この星に関してすこし気になるのは、

 

老年期に入ると、周囲からの助けは

あまり期待できなくなってしまう

 

という性質です。

 

 

 

ここの部分を考えると、

この、天魁星や天鉞星といった星が、

命宮その他の重要な宮にはいるひとというのは、

若いうちは運がいいけれど、

老年期にはいると、

運が悪くなったり、あまり発展できなくなったり

してしまうのでしょうか・・・・?

 

 

 

天機は、そうではないと思います(*゚▽゚)ノ

 

 

 

というのも、

若いうちに運がいいかどうか、

老年期に入ってから運がいいかどうか、

を決定する要因は、

ほかにもっと重要な要因があるからです。

 

 

 

たとえば、

紫微斗数でも、10年ごとの運勢を見る大運などの

行運というものがあります。

 

 

 

もし、そのひとの行運が、

若い頃の行運がわるくて、老年期の行運がよいならば、

たとえ、天魁星や天鉞星が命宮などにはいっていたとしても、

そのひとは、

老年期に入ってからのほうが、

運がよくなるだろうと予想できます。

 

 

 

同様に、

命宮と身宮をくらべた場合に、

身宮のほうが良い、というようなひとも、

身宮の表わすのが後天運、後半生であることを考えると、

そのひとは、

たとえ天魁星や天鉞星が命宮などにはいっていたとしても、

後半生のほうが運勢がよくなると予想できます。

 

 

 

さらには、一般的にいって、

いわゆる命無正曜格(めいむせいようかく=命宮に甲級主星が1つも

はいらないような特殊な格)のひとは、

若いうちには苦労することになる、と言われていますから、

そのようなひとの場合、

たとえ天魁星や天鉞星が命宮などにはいっていたとしても、

若いうちはつらい目に遭ったりすることのほうが、

多いかもしれません。

 

 

 

つまり、こういうことなのです。

 

 

 

天魁星や天鉞星が命宮などに入った場合には、

たしかに、

目上の人や有力者から引き立てなどを受ける、

という面においては恵まれるかもしれないのですが、

それを超えて、

若い頃の運勢「全般」がよくなる、とか、

老年期にはいったときの運勢「全般」がわるくなる、とか、

そういったことまでを確定させるものではない、

ということなのです。

 

 

 

なので、天魁星や天鉞星が命宮などに入った人の場合には、

若い頃、

なにかと教師や親せきのおじさんから

可愛がられるいっぽうで、

友達との関係はあまりよくなかったり、

なにか悩みをかかえていたり、

貧乏だったり、

といったことは、ふつうにありうることだと思います。

 

 

 

天魁星や天鉞星は、

たしかに、ある一面においての幸運を暗示はしていますが、

運勢全般においての絶対的な幸運を保証してくれるほどの

力はないと考えています。

 

 

 

同様に、天魁星や天鉞星が命宮に入ったばあい、

老年期に入ってからは周囲の助けが得られなくなる、

とはいうものの、

そのことだけで、

老年期や後半生の運勢がわるくなる、

と考えるのも、早計だろうと、天機は思います。

 

 

 

以上、天機でした(*゚▽゚)ノ

不愉快の原因を数えてあげる

みなさん天機です。٩(ˊᗜˋ*)و

 

 

 

今回は、

不愉快の原因を数えてあげる

について書いてみようと思います。

(この記事の字数は 約1200字)

 

 

 

人間、生きていれば、

なんだか憂鬱な気分になっていたり、

なんだかうまくいかないなあ、

という落ち込んだ気持ちになることがあると思うんですよね(つд`)

 

 

 

f:id:reasongomainstream:20200615212743p:plain

 

 

 

そういうのが、ずしーんと心にのっかっていると、

あたらしいことを始めるのがおっくうになったり、

なんだか行動も重苦しくなってしまったりします。

 

 

 

そういうとき、どうすればいいかなんですが、

いろんな方法があると思います。

 

 

 

天機は最近、YouTubeでよく、

漫才やコントを見て、ひとりで大笑いします。

 

 

 

むかしは、お笑いを見ようと思ったら、

テレビでお笑い番組を見なければいけなかったのですが、

いつもやってるわけでもないし、

自分の好きな面白い芸人さんばかりがでてくるとも

かぎりませんよね。

 

 

 

YouTubeだと、その点、

自分の好きなお笑い芸人の面白いコントや漫才を

連続的に浴びるように見ることができて、

心ゆくまで大笑いできます。

 

 

 

そうして笑った後は、

気分がいくぶん、軽くなっていることもあるのですね٩(ˊᗜˋ*)و

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

ほかには。

 

 

 

自分の心を落ち込ませている、重苦しくしている

原因となる出来事を、

数え上げていくのも、いいかもしれません。

 

 

 

自分の経験上、

自分の心がすごく重苦しく落ち込んでいるときというのは、

1日のうちに、

なぜだか嫌なことが何個も重なって起きていることが

よくあるんですよねΣ(゚д゚;)

 

 

 

たとえば。

 

 

 

ふらっと入った定食屋さんで出された食事が

すごく美味しくなくて。

 

 

 

どこのだれだかわからない

変な着信が携帯にあって。

 

 

 

はてなブログのアクセス数がのびず。

 

 

 

前回はてな記事を書いてからずいぶん

間が開いていて、

そろそろ書かなくちゃ、とあせっており。

 

 

 

なんだか知らない吹き出物が

ほっぺたにできていて。

 

 

 

自転車の前かごに

よくわからんゴミが投げ込まれていた。

 

 

 

みたいに、

1日のうちに、

何個も何個も嫌なことが知らないうちに重なっていると、

いつの間にか、

心やあたまが、

ずーーーんと重くなっていることがあります。

 

 

 

そういうときは、さっき言ったように、

自分の心を重くしている原因となっているものを、

数え上げて、

意識化してみる、というのも1つの手だと思うんですね٩( ๑╹ ꇴ╹)۶

 

 

 

というのも、

人間は、

把握できていない嫌なことには、

より大きなストレスを感じるいっぽうで、

いやなことでも、

それをコントロール下においていると、

ストレスが減る、

といったような傾向があるからです。

 

 

 

これを応用したものに、

横断歩道とかで、

青信号になるまでの待ち時間を秒数表示してくれる

機器のようなものがあります。

 

 

 

どれくらい待てばいいのかわからないときは

すごくイライラしていても、

それを可視化することで、

イライラが減るという原理なのですね(*゚▽゚)ノ

 

 

 

今日は、そんなお話でした。

 

 

 

以上、天機でした(*゚▽゚)ノ

言った言っていないの水掛け論

みなさん天機です。٩(ˊᗜˋ*)و

 

 

 

今回は、

言った言っていないの水掛け論

について書いてみようと思います。

(この記事の字数は 約1600字)

 

 

 

f:id:reasongomainstream:20200607131908p:plain

 

 

 

日常生活でぼくたちは、ときどき、

「○○と言ったよ!」

「いや、言ってないよ!」

といった水掛け論に出くわすときがあります。

 

 

 

自分は家族との間でよくこの問題が生じます。

 

注意して見ていると、

水掛け論が頻繁に発生する相手というのは、

案外、決まっていたりします。

 

 

 

言ったよ、言ってないよ、という水掛け論は、

あまり発生しない相手とは、ほんとうに発生しません。

 

そのいっぽうで、

この水かけ論が発生しやすい相手とは、

ほんとうに、なんか因縁でもあるのかと思うくらい、

頻繁に水掛け論が発生するのです((((;゚Д゚))))

 

 

 

この、言った、言っていないの水掛け論のやっかいなところは、

証拠が残っていないことです。

 

 

 

最近では、スマートスピーカーがだんだんと普及しつつあるので、

その機能の1つとして、

会話のすべてをリアルタイムで記録しておいて、

水掛け論が発生した場合に、

その時刻での会話を再生してくれるような、

そんな機能があったら面白いだろうなあ、

とも思うのですが。

 

現実には、むずかしいでしょうね(つд`)

 

 

 

というわけで、証拠が何もないので、

言った言っていないの水掛け論は、

ますますヒートアップします。

 

 

 

おたがいに自分が正しいと思っていますから、

なんとかして当時の会話の状況を思い出そうとし、

相手の立論の矛盾を指摘できるような、

決定打になるようなことを探すのです٩(ˊᗜˋ*)و

 

 

 

でも、これがむずかしい。

 

よほど論理性にたけたひとでもないかぎり、

相手がもし言っていないとしたならば生じる矛盾、あるいは、

相手がもし言ったとしたら生じる矛盾を、

正確に思い出して指摘するのは、至難のわざです。

 

 

 

というわけで、

証拠がなにもないまま、おたがいに自分が正しいと思って

論陣を張り、

結果、消耗していやな気分だけが残るのです。

 

 

 

この問題のなにが非生産的なところかというと、

 

証拠を発見することが難しいのにも関わらず、

真実を発見できるとお互いが思っていて、

その真実は自分の側にあり、

相手をぎゃふんと言わせることができる、

 

と思い込んでいるところなのです。

 

 

 

つまり、この論争をしている当事者双方が

フォーカスしているのは、

 

真実発見

 

なのです。

 

 

 

その結果どうなるのかというと、

真実発見ができずに、おたがいが消耗し嫌な気分になるという、

 

 

がのこります。

 

 

 

なので、この、

言った言っていないの水掛け論を退治する作戦として、

たぶん効果的なのは、

 

真実発見にフォーカスするのではなく、

苦の除去にフォーカスする

 

ことです。

 

 

 

具体的にいうと、

この、言った言っていないの水掛け論が頻繁に発生する

相手とのあいだで、

 

今後、水掛け論が発生したら、

言った言っていないで論争するのではなくて、

どちらが正しいわけでもない、

真偽不明だ、

ということにしてしまいましょう

 

と、協定をむすんでおくのです(*゚▽゚)ノ

 

 

 

もちろん、真実は1つですから、

たぶん、どちらかが正しいのでしょう。

 

でも、そのことについてはとりあえず留保しておいて、

真実発見をしようとしてなかなかできないことから生ずる、

非生産的な論争や疲弊、消耗といった

 

 

を除去することに焦点をうつして、

このように協定を結んでしまうといいと思うんですね٩( ๑╹ ꇴ╹)۶

 

 

 

こうすると、

もちろん真実は発見できません。

 

おたがいが半分ずつ、譲ったようなかたちです。

 

でもその結果、

生じるはずだった苦が生じなくなります

 

 

 

この世界では、油断していると、

すぐにいろんな苦が発生するようにできています。

 

言った言っていないの水掛け論で生じる苦も、

そんな苦の1つだと思うんですね。

 

 

 

なので、あらかじめ苦を除去するような作戦をとることは、

そんな、

苦をなんとかして与えてこようとするこの世界に対する、

狡猾な対抗策にもなるものと、天機は考えます。

 

 

 

以上、天機でした(*゚▽゚)ノ

 

Bing検索がなんとなく好き

みなさん天機です。٩(ˊᗜˋ*)و

 

 

 

今回は、Bing検索について書いてみようと思います。

(この記事の字数は 約1700字)

 

 

 

みなさんは、Bing検索って、ご存知ですか?٩( ๑╹ ꇴ╹)۶

 

 

 

検索エンジンにはいろいろあります。

 

いろいろありますが、日本では

ヤフー検索とグーグル検索の2つで圧倒的なシェアを占めています。

 

なので、Bing検索は、あまりなじみのないものかもしれません(つд`)

 

 

 

ですが、

天機はこのBing検索が、すこし好きなんです。

 

 

 

というのは。

 

 

 

じつは、天機がこのブログをはじめたのは、

2017年のことなんですが、

当初は、頻繁に記事を書いていたこともあったのか、

書いた記事はほぼ即座にグーグルに登録されることになり、

グーグル検索で自分の記事をさがすと、

けっこう上位に表示されることも多かったのですね٩(ˊᗜˋ*)و

 

 

 

ところが、

最近はあまり記事を書かなくなったことも理由の1つなのか、

自分がはてなで記事を書いても、

グーグルがたぶん、あまり登録してくれなくなったようなのです(つд`)

 

グーグル検索で自分の最近書いたはてな記事をさがしても、

ぜんぜんヒットしない((((;゚Д゚))))

 

 

 

それで、

なんとかグーグルにもう一度載せてもらうために、

一生懸命記事を量産しようという手もあるのですが、

それはそれでしんどいですよね。

 

 

 

そんなときに、自分の注目をひいたのが、

Bing検索だったのです。

 

 

 

じつは、

グーグル検索では自分の最近のはてな記事をさがしても

あまりヒットしなくなりましたが、

Bing検索だと、

自分が最新の記事を書いてからけっこうすぐに、

登録してくれることがおおくて、

上位に表示してくれるのです(*゚▽゚)ノ

 

 

 

自分のはてな記事にどこからどれくらい流入しているのかをみると、

グーグル検索約60%、ヤフー検索約20%で、

やっぱりこの2つは大きいのですが、

Bing検索も6%で、

このBing検索からの流入は、

じわりじわりと増えているような印象があるのですね٩( ๑╹ ꇴ╹)۶

 

 

 

と、ここまでが個人的な事情で、

Bing検索が好きだというお話です。

 

 

 

でも、ほかにもBing検索のいいところもあります。

 

それは逆に言うと、グーグル検索のわるいところでもあります。

 

 

 

グーグルというのは、理由はわかりませんが、

 

エッチなことに目くじらをたてる

 

会社なんですよね…(つд`)

 

 

 

まさかそんなことがΣ(゚д゚;)

と思われるかもしれませんが、

そういう兆候がちょくちょく見られるんです。

 

 

 

たとえば、

ブログ記事を書いて広告を貼り付けてお金をもらうシステムの1つに、

グーグルアドセンスというのがありますが、

あれなんかも、

エッチな記事を書いたりすると、

広告を停止されたりする、という話をききます((((;゚Д゚))))

 

 

 

また、下世話な話ですが、

グーグル検索でセクシー女優の名前で検索してみても、

なかなか検索候補というのですか、予測検索候補というのですか、

そういうのを出してくれないのです。

 

 

 

エッチなことを頑強に拒絶する。

 

そんな意味不明な思想が、グーグルにはどうもありそうな気がするんですよね。

 

 

 

その点、Bing検索は、

あまりそんなことがないような気がします。

 

セクシー女優の名前で検索したら、

いっぱい予測検索候補がでてきます٩(ˊᗜˋ*)و

 

 

 

以上は、すこし下世話な話で、

エッチなことに関するグーグルとBingの姿勢もちがう、

というお話でした(*゚▽゚)ノ

 

 

 

それから。

 

 

 

これは別にエッチなことに関係ないのですが、

なにか言葉を検索したときに、

グーグル検索とBing検索では、

トップページ以下に検索結果として表示する内容も、

微妙に違っているような気がします。

 

 

 

最近、なんとなく思うのですが、

グーグル検索で検索結果として表示される内容には、

なんというか、

グーグルの思想や主義主張といいますか、

ひとびとをこっちの方向へと導きたい、というような

意図がはいりこんだ検索結果表示になっているような気が、

なんとなくするんですよね((((;゚Д゚))))

 

 

 

以上のようなところから、天機は最近、

Bing検索にすこし注目しています。

 

 

 

以上、天機でした(*゚▽゚)ノ