男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

電子はなぜ、陽子と中性子のまわりをまわっているのか。

この世界に存在するものはすべて、原子からなると言われている。

原子は、中心に陽子と中性子があって、

そのまわりをぐるぐると、電子がまわっているそうな。

なんで、そんな構造になっているんだろう。

そんなことを考えた。

 

世界のはじまりに、矛盾というはじまりの女性がいた。

その女性において矛盾が形成されたとき、

その世界にはもはや存在することのできなくなった理が、

外部世界へと放出される。

これが、はじまりの女性である矛盾による、

第一子となる息子、理の出産である。

放出された理は、遠くへ遠くへと旅立っていく。

そして、それが究極的に遠くなったとき、

はじまりの母のもとへと帰ってくる。

はるかかなたから帰ってきた理は、

原初の母へとつっこんでいく。

つまり、母へむかって落ちていく。

 

地球のまわりを月が回っているのは、

地球の重力に引かれて、月が「落ち続けている」からだそうな。

はじまりの母へ向かって落下していった理は、

ちょうどそのように、

はじまりの母のまわりを周回運動するようになる。

つまり、はじまりの母と、はるかかなたから帰ってきた理の、

2人の「重なり」は、

母のまわりを周回運動する理、というかたちをとる。

ここにおいて、はじめて「存在」がうまれる。

だから存在はすべて、

陽子と中性子のまわりを電子が周回するという形態をとる。

このことから、

自然界における電子には、理と相通じる性質があることがわかる

(たぶん、精子にも)。