男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

アングロサクソン系国家群の、首都名。

アングロサクソン系からなる国家が、世界には存在する。

通称、ファイブアイズといわれる、

米国、英国、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア、

がそれである。

かれらは、世界で非常に力をもっている。

 

米国の首都は、ワシントン。

英国の首都は、ロンドン。

カナダの首都は、オタワ。

ニュージーランドの首都は、ウェリントン

オーストラリアの首都は、キャンベラ。

 

それらの首都名を英語表記すると、キャンベラをのぞいて、

W、O、ONといったアルファベットが頻出することがわかる。

 

この世界の力には、いろいろな種類の力がある。

たぶん、これら5か国の力の源泉は、

ある特定の種類の力からきているんだろう、と思う。

 

ところで、英語で女性のことをWOMAN、男性のことをMANという。

MANにWOをつけただけで女性という単語ができるのは、

男性中心的な考え方のあらわれだ、なんていう意見もあるだろう。

が、ここで問題にしたいのは、その点ではない。

アルファベットには、いろんな文字がある。

なんで、女性をあらわすために、その数あるアルファベットの中から、

WとOの2つを選んだんだろう。

このWとOの2つには、なにか、

女性の本質をあらわすはたらきがあるんじゃないだろうか。

ふと、そんなふうに考えた。