読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

勉強を効率的にすすめるためのリスト

自分が考えた、勉強を効率的にすすめるためのリスト。

自分が中学生、高校生、浪人生だったとき、こうしていればよかった、

と考えたことなど。

 

1 中3生、高3生になるまでに、超得意科目を1つつくっておく。

  英語、数学などのメジャーな科目でなくていい。

  日本史とか、化学とか。理科とか、社会とか。

 

2 教科書や参考書は、最初は、ただ読み通すだけでいい。

  もっというと、文章をただ視界にいれるだけでいい。

  音読する必要もないし、キーワードを別の紙に書く必要もないし、

  ノートをつくる必要もない。

  とにかく、できるだけはやく、最初から最後まで1周する。

  つぎに、それを繰り返す。

  覚えようとしなくていい。回数を繰り返すと、自然におぼえる。

 

3 性欲をあまく見ない。

  勉強しなければならない10代という時期は、とくに男子は、

  性欲が非常にたかまる時期だ。

  これを甘く見ていると、勉強せずにオナニーばっかりしていた、

  ということになりかねない。

  あまりはなはだしいようなら、浪人生などは、風俗産業を利用

  したほうが、すっきりして勉強に向かえるかもしれない。

  ふつう、勉強するなら、予備校や塾の講座や通信添削などに

  お金をかければ成績が上がる、と思うだろう。

  しかし、ひとによっては、そのお金で風俗店へ行き、勉強は自分で

  参考書と問題集でやったほうがうまくいく、という場合もあるのだ。

  性欲をあまく見てはいけない。

 

4 体力のない人間は、激しすぎる運動部の部活は避けたほうがいい。

  練習が終わって7時ごろに帰宅しても、眠くて勉強どころではない、

  という事態がおこりうる。

 

5 通学が必要な予備校や塾ばかりでなく、自宅でパソコンやスマホ

  ネット受講ができるものも検討したほうがいい。

  自宅での受講なら、通学途中の都会の雑踏で孤独感を感じることも、

  教室でボッチの悲哀を味わうこともなく、自宅で寝そべりつつ、

  鼻くそでもほじりながら授業を受けられる。

 

6 参考書や問題集には、自分との相性がある。

  ランキングで上位に入っている人気の参考書でも、自分には

  向いていないかもしれない。

  また、内容的には素晴らしくても、細かい字でぎっしり書かれて

  いて、読んでいて疲れるかもしれない。

  大きめの書店に行って、実際に手にとって選ぶのがいいだろう。

 

7 基礎知識が十分でないのに、Z会などのむずかしめの通信添削

  に手をださないほうがいい。

  通信添削というのは、基本的に、送られてきた問題を解いて

  提出する問題演習が中心になっている。

  問題を解くための知識がまだ十分でないのにこれらに手をだすと、

  問題がぜんぜん解けなくて、未提出の封筒ばかりがたまっていく、

  ということになりかねない。

 

8 はじめて知識を得るために勉強するときは、

  ~がおもしろいほどわかるシリーズとか、~の実況中継

  (語学春秋社)とか、予備校の講師が講義口調で、

  手取り足取り親切にかみくだいて教えてくれるタイプの

  参考書からはいるのがいい。

 

9 高校数学のチャート式では、赤チャートが難しすぎるのは

  いうまでもないことだが、青チャートでも難しい。

  ほとんどの高校生、受験生は、黄色チャート以下のレベルから

  はじめたほうがいい。

 

10 通学の電車のなかで単語帳をめくったり、自宅のトイレの

   壁に英単語の紙を貼り付けたりするのは、無意味である。

   あれをやると、たいていは、「そこまでして頑張っている

   自分」というのに酔ってしまうだけで、たいして頭に入って

   いないことが多い。

   勉強はやはり、夜、自宅の自分の部屋で机に向かっている

   ときが正念場で、かつ、それだけでいい。

   「怠け者の節句働き」ではないが、通学の電車のなかで単語帳

   をめくっているのに自宅の自分の部屋ではぜんぜん勉強しない、

   では、目も当てられない。

 

11 図書館や自習室での勉強も善し悪しである。

   集中できるのならいい。

   が、近くの席に座っている可愛い女の子のことが気になって、

   図書館のトイレでオナニーでもするようなことになると、

   成績はあまり上がらないだろう。

 

12 耳栓は重宝する。

   たとえ、周囲がそれほどうるさくない時でも、耳栓をすると

   やけに集中して勉強できることがある。

   市販の耳栓よりも、ネット通販で取り寄せた耳栓のほうが

   効果が高いことがある。

   ただし、ヘッドホンタイプの耳にかけて使用するイヤーマフ

   というのは、がっかりするほど遮音効果がない。