この世界の不思議

この世界のいろんなことについて、思ったことを書いていきます。

NHKラジオの語学講座をはじめる季節

春だ。

4月から、また新しく、NHKラジオの語学講座の、新年度の講座が

開講する。

 

例年、この季節になると、NHKラジオの語学講座を受講してみようかな、

と考える人が増えるらしい。

NHKラジオの語学講座のテキストは、1年のうちでこの季節が

いちばんよく売れるという。

 

しかし、5月、6月と月日がすすむにつれ、テキストの売り上げは

次第に減少していく。

講座の進行から脱落していくひとが増えてくるからだ。

 

NHKラジオの語学講座は、語学スクールに通うのにくらべると、

講座をつづける強制力の点ですこし弱いかもしれない。

自分でたんたんと聴きつづけていく必要がある。

 

そして、以前はもっとハードルが高かった。

というのも、ラジオの放送しかなかったからだ。

ラジオで講座が放送される時間にあわせてラジオの前に座ったり、

あるいは、あらかじめ予約録音しておいて、あとでそれを聴く、

という手間が必要だった。

手間がかかればかかるほど、習慣にするのはむずかしくなる。

面倒だな、と思う気持ちが、NHKラジオの語学講座挫折の一因

となってきた。

 

でも、最近、状況がすこしかわった。

講座によってはネット上で、過去1週間分の放送を、

ストリーミングで聴けるようになったのだ。

これはおおきい。

いつでも自分の好きな時に聴けるし、場合によっては、

スマホで聴くことによって、どこでも場所をえらばず聴けるように

なったからだ。

つまり、講座を聴くうえで便利になって、結果、すこし続けやすく

なったのだ。

 

いつでも聴けるっていうことでいえば、別売りCDもあるじゃん、

っていう意見もあるかもしれないが、

別売りCDは1500円ほどする。

テキストが500円弱しかしないのにくらべると、

やや高いという印象はぬぐえない。

 

語学の勉強をつづけていくうえでは、費用の問題も重要なポイントだ。

あまりお金がかかるようだと、長続きさせるのがむずかしくもなる。

NHKラジオ講座だと、テキストだけ買って、あとはネットの

ストリーミングで聴くようにすれば、月に500円弱で済む。

語学スクールだと、年に数十万円かかる場合もあることを思えば、

その差はおおきい。

 

語学スクールは、学習をつづける強制力の点でラジオ講座にまさる、

と書いたが、ラジオ講座にはない面倒な点もある。

語学スクールの校舎に通って授業を受けるのであれば、

まず服装をととのえて出かけ、主要ターミナルの近くにあることが多い

校舎まで出向き、きちんとよそゆきの対応を心がけながら授業を受け、

また帰ってこなければいけない。

授業のスケジュールは基本的には語学スクールの側で決められているし、

自分の好きな時間、好きな場所でいつでも学習できるわけではない。

こうなってくると、学習のつづけやすさ、習慣化のしやすさ、という点では、

語学スクールのほうが優れているとは、かならずしも言えなくなってくる。

 

2020年に東京オリンピックがひらかれることをきっかけに、

日本にもたくさんの外国人が訪れるかもしれない。

とすると、もしかしたら、自分が外国語をはなせることで、

世界がひろがるチャンスにめぐりあえるかもしれない。

語学をはじめようと思うきっかけはなんであれ、はじめるなら、

手軽に始められるほうがいい。

1冊500円のテキストというのは、昔に比べるとすこし価格が上がって

いるのだが、それでも、費用がそれだけで済むというのは魅力である。

ダメもとではじめてみても、もしかしたら、運よく外国語がすこしわかる

ようになるかもしれない。

なぜ火球が増加しているのか?

昨日も、関東から西日本にかけての広い範囲で、

火球が目撃されたとニュースがあった。

 

このてのニュースがあると、たいてい専門家と称されるひとたちは、

「あれは火球です」と、決まり文句のように言う。

が、現象にただ単に名前をつけたからといって、

その現象をほんとうに理解できたことの保証にはならないだろう。

 

問題は、こういった火球とよばれる物体が、これほど頻繁に目撃

されるような事態は、過去にはなかったということだ。

ここ数年において、あきらかに火球の目撃件数は急増している。

だからこそ、頻繁にニュースにもなるのだ。

 

「空の異変」はほかにもある。

いわゆる、「アポカリプティックサウンド」とよばれる現象で、

空から原因不明の奇妙な音がきこえてくるというものだ。

空から音、といったワードで検索すると、多数ヒットしてくるし、

Youtubeなどにも動画があがっている。

じっさいにこういった現象が存在しないのにあたかも存在するかのように

騒ぎ立てるなら、それはオカルトとよばれてもしかたないかもしれない。

しかし、火球はあきらかに存在するし、空から音がきこえるというのも

もし事実であるならば、

じゃあ、その原因はなに?

ってことになる。

 

ノストラダムスの大予言というのが、かつてブームになり、

現在では忘れ去られた感があるが、その予言の中に、

「キリスト再臨のまえに、空が前兆をしめす。」

というのがある。

オカルト好きのひとならば、火球や空からの音を、

こういった予言と結びつけて楽しむのかもしれない。

返済できないなら、奨学金を借りるべきではない。

奨学金を借りた後、返す段になって返済に苦労する、

奨学金地獄ということが言われたりする。

 

奨学金返済の問題で大切なのは、将来返せるかどうかをきちんと判断し、

返せないようなら、最初から借りない、ということである。

 

借りたものを返すのは、当然のことだ。

国家財政にもそれほど余裕があるわけではないから、学生に対する

金銭的支援として、すべてを給付型の奨学金にするのは、

無理な話だ。

 

学生が、サークルやコンパにうつつをぬかしているのに、

それに対して野放図に金銭的支援をするのは、納税者の理解を

得られないだろう。

 

とりわけ給付型の奨学金については、厳しい成績要件と家計要件

を課すのは、当然のことである。

 

あらゆる契約については、それに捺印、署名する際には、

契約内容をきちんと確認することが求められ、確認を怠ったことに

よって事実上の損害をこうむったとしても、それは、確認を怠った

側に責任がある。

 

奨学金が事実上の負債であるとしても、そのことは、最初に奨学金

を受ける際に確認することが可能なものだ。

 

かりに、実際は借金なのに奨学金という呼称がついていることが不適当であるならば、

その呼称のほうを変更すれば済む話だ。

 

大学進学率は戦後の日本においてだんだんに上昇してきたが、

それでも55%ほどである。

学生のおよそ半数は大学へは進学していないのであって、

大学に進学することは、当然のことではない。

 

家計の事情によっては大学に進学できないとしてもやむを得ないことで

あり、それでもどうしても大学に進学したいというのであれば、

しっかり勉強して相応の成績をのこす必要がある。

 

奨学金地獄というのは、奨学金を借りなければ絶対に発生しようがない。

大切なのは、奨学金を無理して借りることではなく、

将来返せるかどうかということまで含めて、冷静に検討することである。

勉強を効率的にすすめるためのリスト

自分が考えた、勉強を効率的にすすめるためのリスト。

自分が中学生、高校生、浪人生だったとき、こうしていればよかった、

と考えたことなど。

 

1 中3生、高3生になるまでに、超得意科目を1つつくっておく。

  英語、数学などのメジャーな科目でなくていい。

  日本史とか、化学とか。理科とか、社会とか。

 

2 教科書や参考書は、最初は、ただ読み通すだけでいい。

  もっというと、文章をただ視界にいれるだけでいい。

  音読する必要もないし、キーワードを別の紙に書く必要もないし、

  ノートをつくる必要もない。

  とにかく、できるだけはやく、最初から最後まで1周する。

  つぎに、それを繰り返す。

  覚えようとしなくていい。回数を繰り返すと、自然におぼえる。

 

3 性欲をあまく見ない。

  勉強しなければならない10代という時期は、とくに男子は、

  性欲が非常にたかまる時期だ。

  これを甘く見ていると、勉強せずにオナニーばっかりしていた、

  ということになりかねない。

  あまりはなはだしいようなら、浪人生などは、風俗産業を利用

  したほうが、すっきりして勉強に向かえるかもしれない。

  ふつう、勉強するなら、予備校や塾の講座や通信添削などに

  お金をかければ成績が上がる、と思うだろう。

  しかし、ひとによっては、そのお金で風俗店へ行き、勉強は自分で

  参考書と問題集でやったほうがうまくいく、という場合もあるのだ。

  性欲をあまく見てはいけない。

 

4 体力のない人間は、激しすぎる運動部の部活は避けたほうがいい。

  練習が終わって7時ごろに帰宅しても、眠くて勉強どころではない、

  という事態がおこりうる。

 

5 通学が必要な予備校や塾ばかりでなく、自宅でパソコンやスマホ

  ネット受講ができるものも検討したほうがいい。

  自宅での受講なら、通学途中の都会の雑踏で孤独感を感じることも、

  教室でボッチの悲哀を味わうこともなく、自宅で寝そべりつつ、

  鼻くそでもほじりながら授業を受けられる。

 

6 参考書や問題集には、自分との相性がある。

  ランキングで上位に入っている人気の参考書でも、自分には

  向いていないかもしれない。

  また、内容的には素晴らしくても、細かい字でぎっしり書かれて

  いて、読んでいて疲れるかもしれない。

  大きめの書店に行って、実際に手にとって選ぶのがいいだろう。

 

7 基礎知識が十分でないのに、Z会などのむずかしめの通信添削

  に手をださないほうがいい。

  通信添削というのは、基本的に、送られてきた問題を解いて

  提出する問題演習が中心になっている。

  問題を解くための知識がまだ十分でないのにこれらに手をだすと、

  問題がぜんぜん解けなくて、未提出の封筒ばかりがたまっていく、

  ということになりかねない。

 

8 はじめて知識を得るために勉強するときは、

  ~がおもしろいほどわかるシリーズとか、~の実況中継

  (語学春秋社)とか、予備校の講師が講義口調で、

  手取り足取り親切にかみくだいて教えてくれるタイプの

  参考書からはいるのがいい。

 

9 高校数学のチャート式では、赤チャートが難しすぎるのは

  いうまでもないことだが、青チャートでも難しい。

  ほとんどの高校生、受験生は、黄色チャート以下のレベルから

  はじめたほうがいい。

 

10 通学の電車のなかで単語帳をめくったり、自宅のトイレの

   壁に英単語の紙を貼り付けたりするのは、無意味である。

   あれをやると、たいていは、「そこまでして頑張っている

   自分」というのに酔ってしまうだけで、たいして頭に入って

   いないことが多い。

   勉強はやはり、夜、自宅の自分の部屋で机に向かっている

   ときが正念場で、かつ、それだけでいい。

   「怠け者の節句働き」ではないが、通学の電車のなかで単語帳

   をめくっているのに自宅の自分の部屋ではぜんぜん勉強しない、

   では、目も当てられない。

 

11 図書館や自習室での勉強も善し悪しである。

   集中できるのならいい。

   が、近くの席に座っている可愛い女の子のことが気になって、

   図書館のトイレでオナニーでもするようなことになると、

   成績はあまり上がらないだろう。

 

12 耳栓は重宝する。

   たとえ、周囲がそれほどうるさくない時でも、耳栓をすると

   やけに集中して勉強できることがある。

   市販の耳栓よりも、ネット通販で取り寄せた耳栓のほうが

   効果が高いことがある。

   ただし、ヘッドホンタイプの耳にかけて使用するイヤーマフ

   というのは、がっかりするほど遮音効果がない。

時間とお金を節約するリスト

時間とお金を節約する方法を、リストにまとめておこうと思う。

思いついたら、その都度付け足していこう。

 

1 初詣に行かない。初詣だけではなく、ふだんから神社仏閣の

  たぐいから距離をおく。お守りやお札、お賽銭、道中の交通費

  を節約できるほか、往復の移動時間、労力の節約にもなる。

  たぶん、行っても行かなくても、運気にはあまり関係がない、

  はず。

 

2 風俗関係にお金をつかわない。ソープ、イメクラ、ヘルス、

  個室ビデオといったものにお金をつかわず、ネットの無料動画

  ですませる。病気もふせげる。

 

3 髪をカットに行く回数をへらす。ただし、自分で髪をカットするのは、

  効率が悪い。

 

4 ネットやスマホの料金プランを見直す。

 

5 時間のある人であれば、相続登記などを司法書士にたのまず、

  自分でやる。不動産売買などに関する税金の申告が必要な場合にも、

  税理士にたのまず自分でやる。裁判で弁護士をたのまず、

  本人訴訟をする。

 

6 たまに、寿司や焼き肉など、1回の食事でどばっとお金が出る

  ものを食べたくなる衝動にかられる時期がくるが、そこを乗り切る。

  しばらくしたら忘れる。

 

7 映像作品を見たくなったら、ネットで無料で視聴できるものに

  しておく。ツタヤとかでDVDをレンタルしに行くと、

  借りるときと返す時の往復移動時間、料金がとられる。

 

8 お金だけでなく、時間も大切にする。労働に対する時給は、

  ひとによって異なるが、かりに、時給1000円とすると、

  3分の価値と50円の価値は等しくなる。

  ということは、たとえば、30円安い商品を買うために5分

  余分にかけて遠くのスーパーへ行くことは、損になる。

 

9 自分の労働に対する時給をいつも計算しておく。

  不当に安い賃金でこき使われているなら、その時間は働かずに

  自分でその時間を味わったほうがいい。

 

10 将来かならず使うものは、まとめ買いしておく。

   何度もその場所に足を運ばなくてすむ。

   ただし、本をまとめ買いすると、読まずに積んでおく可能性

   が高まる。

 

11 腕時計の電池は、自分で交換する。そのための精密ドライバー

   を100均で買っておく。

 

12 図書館は、お金の節約にはなるが、時間をうしなう可能性がある。

   借りに行くとき、返しに行くとき、往復の移動時間、労力を

   とられる。図書館が遠い場所にあるのなら、なおさらだ。

 

13 1000円以下でカットしてくれる格安の美容室、理容室

   であっても、待ち時間がすごく長いかもしれない。

   自宅の近所にあって、予約ができる美容室、理容室であれば、

   時間の節約になる可能性がある。

 

14 保険を見直す。

   家財道具が全部合わせても100万円もしないのに、

   家財道具600万円までを保障する火災保険などは不要。

 

15 100均を利用する。

   100均でそろうものは多くなっている。ふだんから100均

   にある品物をチェックしておくといい。

 

16 スポーツジムには通わない。

   簡単なタスクであればあるほど、習慣化に成功しやすい。

   ダイエットや健康のためであれば、まずはウォーキングを。

   ふつうの服装、ふつうの靴で、やりかたなどは意識せず、

   ふつうに近所を歩きまわって帰ってくるだけでいい。

   最近のスポーツジムは老人のたまり場になっていて、

   リフレッシュ効果も期待できない。

 

17 払っても払わなくてもいいお金を、思いつきで払ってしまわない。

   たとえば、同窓会費とか、災害に際しての寄付金とか。

撤去された自転車を、回収に行くべきか?

自転車を路上に放置していて、市や区に撤去されることがある。

その自転車を、回収に行くべきだろうか?

 

回収に行った場合のコストを考えてみよう。

①撤去保管料 2000円から3000円

②保管場所までの往復の時間 2時間として、時給1000円換算

 だと2000円

③往復の労力 とくに、帰りは比較的辺鄙な場所から自転車を

 長距離、運転して帰らなければならない労力

④行きしなにかかる交通費

 

こういったものが必要になる。

これは、もともと所有していた自転車を、以前とおなじように

所有している状態に戻そうとしたときにかならずかかるコストだ。

そしてこのコストは、放置していた自転車を撤去されてしまった

時点で、すでに潜在的に発生していて、実際に回収に向かうことで、

その潜在的なコストが現実化する。

 

とはいえ、この潜在的なコストを現実化させるかどうかは、

自分の意思決定しだいだ。

たとえば、撤去された自転車を回収に行かずに、新しい自転車を

購入したとすると、新車の購入代金はかかるかもしれないが、

その費用負担は、新車の購入代金から、回収にかかる潜在的なコスト

を引いたものになる。

自転車を撤去されてなどいない状態で、ふつうに新車を買う場合には、

その費用負担はまるまる新車の代金そのものであるが、

自転車を撤去されていてそれを回収に行かねばならないという状況下

で新車を買う場合には、その費用負担は、回収にかかるコストが

割り引かれたものになるのだ。

森友学園「国有地9割引き」疑惑

学校法人森友学園が、大阪の国有地を9割引きの価格で取得した、

などと、ヤフーニュースで報じられている。

事実だとしたら、大問題である。

徹底的な調査によって真相を解明することが必要だ。

 

安倍首相は、この件に関する国会答弁のなかで、

首相自身、昭恵夫人、事務所の関係者は、まったくなんの指示もしていない

旨答弁しているが、それは問題ではない。

評価額9億円の国有地が1億円あまりで一民間事業者に払い下げられた

ということは、国民の財産が理由なく毀損したことを意味し、

つまりは、われわれの税金が失われたということを意味する。

国民みなを犠牲にしたうえで、一私人を利することが許されてよいわけがない。

そういう意味で、なぜ評価額とは異なる価額で土地が売却されたのか、

その点について徹底的に調査をし、明らかにしなければならない。

野党は政権攻撃の材料として使いたいから安倍晋三首相をこの件で追及

したいのだろうが、それをすると、かえって焦点がぼやける。

問題は、安倍首相がかかわっているかもしれない、というところにある

のではなく、安倍首相がかかわっているかどうかにかかわらず、

国有地が不当な安値で一民間事業者に売却されたという事実それ自体

にあるからだ。

土地を購入してもその場所にはゴミが埋まっているんでしょ、

と考えるかもしれないが、この土地を転売した場合にどうなるかを考えれば、

その不当性はあきらかだ。

評価額9億円の土地を1億円で買い受ける。

それを仮に転売するならば、そのときには評価額を参考にして9億円

で売却することが可能になるだろう。

とすれば、この学園は労せずして差額の8億円を儲けることが可能になる。

転売しない限りはこの潜在的な利益が表面化することはないかもしれないが、

安く手に入れた土地を保有しているかぎり、そうした含み益を得ているのと

同じことだ。

政治家がかかわっていなくても、不当に安い値段で国有地が民間事業者に

払い下げられたという事実それ自体が問題であるが、もしかりに、

そのプロセスに政治家の口利きなどの関与があったとすれば、それこそ大問題だ。

今回の件は、検察、警察がしっかりと捜査すべき案件であるように思われる。