読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

「子」という漢字の字源について。

「子」という漢字がある。子供の、子だ。

たぶん、この漢字についても、漢字学者たちがなんらかの字源を解説

していることだろうと思う。

が、ここでは、例によって、自分自身のあたまで考えた独自説を

たてようと思う。

 

人間をふくめた生き物は、基本的に、食べ物を食べて生きている。

生まれて、食べ物を食べたり、排せつしたり、寝たり、起きたりして、

何十年か、そんなことを繰り返すと、寿命がきて、やがて死ぬ。

これが、1人の人間の、一生のサイクルだ。

 

この人間の一生のサイクルは、なにもしなければ、ここで終わりをむかえる。

生まれて、生きて、死んで、それで終わりだ。

終了するということ、なんらかのサイクルが完了するということ、

その、終了、完了という言葉の中には、いずれも、

「了」という文字がはいっている。

この文字はおそらく、なんらかの終結や完結とかかわりのある文字だ。

 

ただ、人間は、伴侶をみつけ、セックスし、子孫をのこすことで、

いったんは終了、完了する自分の生命のプロセスを、

自己の遺伝子という形で、終わらせずに次代にひきついでいくことができる。

つまり、「子」というのは、終「了」、完「了」を阻止するものなのだ。

 

その意味で、終了、完了のなかにある「了」の文字に、

横線を1本くわえて、その意味を否定したものが、

「子」という文字になっているのではないか。