男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

「欲」という漢字と、人間の三大欲求の性質。

人間の三大欲求には、食欲、性欲、睡眠欲があるといわれている。

 

これら三大欲求には、共通する性質がある。

それは、「接着」。

 

食欲は、食べ物を自分の体内に取り入れようとする欲求だ。

牛乳でも、パンでも、食べ物というのは、食べられるまでは、

自分の体の外にある。

自分のからだと食べ物のあいだには、間隔、スペースがある。

食べるというのは、その間隔、スペースをなくして、

食べ物を自分のからだに近づけ、接着させ、さらには、

体内に取り込んでしまおう、ということである。

 

性欲というのは、異性と性交渉したいという欲求だ。

性交渉するまでは、異性は、自分の外に存在する。

自分のからだと異性のからだのあいだには、間隔、スペースが存在する。

性交渉をする、というのは、その間隔、スペースをなくして、

異性のからだと自分のからだを近づけ、接着させ、

出したり入れたりしようとすることだ。

 

睡眠欲は、眠ろうとする欲求だ。

ふつう、ひとは、立ったり座ったりして寝たりはしない。

寝るときには、横になる。

起きて、日常生活を送っているときには、

立ったり座ったりして活動している。

そのとき、自分の体と大地や床のあいだには、間隔、スペースが存在する。

寝るというのは、横になるというのは、

その大地や床と自分のからだのあいだにある間隔、スペースをなくして、

自分のからだと大地や床を、接着させるということだ。

 

以上、見てきたように、

人間の三大欲求にはすべて、接着という要素がかくれている。

英語でいうと、「ON」。

 

「欲」という漢字は、「谷」と「欠」があわさってできている。

「谷」のなかには「口」が存在する。

自分は、この「口」というのは、たんなる人間の、

ものを食べるための口を意味するばかりではなく、

「ある空間が確保されているということ。その空間は、物理的な

 ものばかりではなく、抽象的な意味でのものも含める。

 ある領域が、侵されないスペースとして、確保されている、

 ということ」といった内容をもしめしているのではないか、

と考えている。

 

であるならば、「谷」に「欠」をくみあわせた「欲」という漢字は、

そういった間隔、スペースをなくしてしまおう、欠かしてしまおう、

とするようなはたらきが、原義としてあるのではないか。

 

そして、人間の三大欲求はすべて、「生きる」ということと関わる。

人間が食べるのは、その人1人が一生を生きるためであり、

人間が性交渉をするのは、自分が死んだ後もべつなかたちで

自分が生き続けるためだ。

人間が睡眠をとるのは、疲れをとり休息するためであって、

やはり、命をつなぐことと関連する。

 

つまり、三大欲求には接着という要素がかくれていて、

接着というのは、間隔やスペースをなくす、というはたらきに

関連していたが、

三大欲求は同時に、「生」の原理ともかかわる。

ということは、「生」の原理というのは、

間隔やスペースをなくしてしまおう、という原理とかかわりが

あるのではないだろうか。