この世界の不思議

この世界のいろんなことについて、思ったことを書いていきます。

NHKラジオの語学番組を継続するために。

こんばんわ。天機です。

 

 

 

きょうは、NHKラジオの語学番組をつづけるために、

自分が心がけていることについて、書いてみようと思います。

(この記事の字数 約1000字)

 

 

 

天機は、学生だったころから、何回か、

NHKラジオの語学番組を聴こうとして、挫折してきました。

 

それが、いまから1年半ほどまえに聴きはじめた、

「実践ビジネス英語」と「まいにち中国語」は、

継続して聴くことに成功しています。

 

その違いをうみだしたものは、なんなのでしょうか。

 

 

 

まず第一に、ラジオの前に座って聴いたり、録音したりしなくても、

一定期間内であれば

インターネットのストリーミングで聴けるようになった、というのが大きいです。

 

これのおかげで、

いつでも自分の好きな時に聴くことができるようになりました。

 

 

 

つぎに、タスクをできるだけシンプルに、軽いものにしたことで、

継続しやすくなったことがあげられます。

 

 

 

挫折していたときというのは、

 

① 本文や単語をべつのノートにまとめていたり

② かならず復習しなければ、と思っていたり

③ かならず声に出して発音しなければ、と思っていたり

④ おなじ講座を週に2回以上は聴きなおそうとしていたり

⑤ 講座は最初から最後まで15分通して聴こうとしていたり

 

といったことをしていました。

 

 

 

それが、挫折せずに、継続できるようになった現在は、

どうしているかというと、

 

① ノートはつくらない。テキストは買う。読むだけ。

② 復習は、できなければ、しない。

③ 都合で、声に出せないときは、とりあえず聴くだけは聴く。

④ 週に1回聴けたらよしとする。

⑤ 金曜日は復習回になっているので(まいにち中国語)聴かない。

  実践ビジネス英語は、ビニェットをしっかりおさえることに集中し、

  ヘザーさんとのトークトークとか、リスニングチャレンジとか、

  ジョークとか、名言とかは、聴かない。

 

といったように、できるだけ負担を軽くするようにしています。

 

 

 

負担を軽くすることを目指しているので、

NHKラジオの語学番組から本来得られるはずの効果は、

得られていないかもしれません。

 

それでも、「継続する」という、ただそれ1点だけにこだわって、

このようにしています。

 

一般に、タスクがシンプルで負荷が少なくなるほど、

物事は、つづきやすいです。

 

そして、このように負荷を少なくしているのにもかかわらず、

1年半もつづけていると、

実践ビジネス英語なんかは、

少しずつ聴き取れるようになってきたのを実感できています。