この世界の不思議

この世界のいろんなことについて、思ったことを書いていきます。

「逃」げると「挑」むは、似た漢字だ。

こんにちわ。天機です。

 

 

 

きょうは、漢字のお話をしてみようと思います。

(この記事の字数 約2000字)

 

 

 

「逃」げるという漢字と、「挑」むという漢字は、

両方とも、「兆」という文字がはいっていて、

部首だけが、「しんにょう」と「てへん」で違っています。

 

見た感じ、2つの漢字は似たところがあるなあ、と思いますが、

部首が「しんにょう」になるか、「てへん」になるかで、

意味的には、まるっきり正反対になります。

 

かたや、逃げ出すのに対し、かたや、逃げずに挑戦するわけですから。

 

 

 

はじめて、この2つの文字について意識したのは、

いまから20年ほど前にやっていたテレビ東京系アニメの、

ふしぎ遊戯」という作品を見た時でした。

 

その作品で、主人公の女の子が、

「逃げるっていう漢字と挑むっていう漢字はよく似てるでしょ?

 逃げるのも、挑むのも、ほんの少しの違いなんだよ?」

とかなんとか、そんなことを言っていて、

なるほど、ほんとうにそうだなあ、と感心した記憶があります。

 

 

 

あれから20年ほどたった現在、天機はよく、

漢字の成り立ちについて、自分で考えてみて、独自の説をつくってみる、

というのを面白がってやっています。

 

では、「逃」げるという漢字と、「挑」むという漢字は、

どうして、

「兆」+「しんにょう」だと「逃げる」という意味になって、

「兆」+「てへん」だと「挑む」という意味になるんだろうか?

 

天機は、そんなことを考えてみました。

 

 

 

そこで、天機が考えた説というのは、つぎのような感じです。

 

 

 

まず、「兆」という漢字なのですが、これは、「きざし」と読みます。

物事が、まだはっきりとしたかたちとなってあらわれるまえの、

予兆や兆候のことだと思います。

 

よく、下駄の鼻緒が切れるとよくないことが起きる、とかいう言い伝えが

あったりしますが、天機は、

この「兆」という字は、予兆や兆候の中でも、

なにかよくないことが起こることを暗示するような予兆や兆候を指す文字なのではないか?

と思ったんですね。

 

そして、「しんにょう」や「てへん」といった部首の部分というのは、

その、よくない予兆や兆候に遭遇した時に、

自分はどういう態度でそれに臨むか、ということをあらわす部分なのではないか?

と思ったのです。

 

 

 

天機が思うに、「しんにょう」という部首は、

「あることがらから、あることがらへと、変化するプロセスというのが、

 穏当なものであり、いわば、逆接ではなく、順接のような関係で変化していく、

 その変化のありかた」

をしめす部首なのではないか、と考えます。

 

ここで、順接というのは、たとえば、

「雨が降ってきた『から』傘をさす」とか、

「おなかがすいた『から』パンを食べた」とかいった、

変化のしかたです。

 

なにかよくない予兆や兆候があったとき、ふつう、ひとは、

恐怖を感じたりして、それを避けたくなりますよね。

 

よくないことの予兆や兆候→恐怖心の発生→回避行動

 

という一連の流れは、ごくごく自然で、穏当で、

うえでいうところの順接の関係なのです。

 

だから、

「兆」-よくないことの予兆や兆候

と、

「しんにょう」-それに直面した時の、自然で、順接関係になるような変化

とがあわさると、

「逃」げる、という意味になるのではないでしょうか。

 

 

 

では他方で、「てへん」はどういうことをあらわすのか、というと、

一般的には、人間の身体における「手」に関することをあらわす、

などといわれたりしますが、天機は、

「ある状況に際して、その状況に対して、主体的、積極的に、

 こちらから改変をくわえていこうとする、意志や行動」

といったものをあらわすのではないか、と考えます。

 

この世界には、石とか、木とか、いろいろなものがありますが、

人間は、二足歩行を実現して両手が自由になり、

その自由になった両手で、それらのさまざまなものに「改造」をくわえて、

世界をつくりかえていきますよね。

 

そういった、「手」のもつ本来的なはたらきから、

さらに敷衍して考えて、「手」に象徴されるようなはたらきというのは

いったい、どのようなものなのだろうか?と考えていったときに、

天機が思いついた「てへん」の定義というのが、

うえのようなものになったわけです。

 

 

 

では、これが、「兆」の文字とあわさると、どうなるのか。

 

「兆」という漢字は、よくない予兆や兆候をあらわしていて、

そういったよくない予兆や兆候に遭遇したときに、

人間がとる「自然な」行動というのは、「逃げる」ということでした。

 

ところが、「てへん」というのは、

「てへん」が象徴するものというのは、そういった、

「自然な」変化のありようではなくて、自然な流れに逆らってでも、

自分は状況に「改変」をくわえてやるぞ、というものなのです。

 

なので、

 

「兆」-よくないことの予兆や兆候

と、

「てへん」-その状況にたいして主体的、積極的に「改変」をくわえて

      いこうとする意志や行動

とがあわさると、

「挑」む、という意味になるのではないでしょうか。

 

 

 

今回は、そんなことを考えてみました。