この世界の不思議

この世界のいろんなことについて、思ったことを書いていきます。

サンフランシスコ市長と、デスノート。

サンフランシスコ市長のリー氏が、急死した、と報じられています。

 

 

 

 

リー氏は、中国系米国人で、これまで人権派弁護士として活動してきました。

 

2011年に、サンフランシスコ市長に当選。

 

日本とのかかわりでいえば、最近、

中国系の団体が設置した「慰安婦」像を、サンフランシスコ市の公有物とする

ことをみとめる署名をしたばかりでした。

 

そのため、大阪市の吉村市長は、サンフランシスコ市との姉妹都市提携を

解消する、と発表していました。

 

 

 

自分は、「慰安婦」問題に関しては、

「事実に即して、客観的に、冷静に」検討していくことが必要だろう、

と考えています。

 

慰安婦」なんか、なにもなかったんだ、と決めてかかることも、

慰安婦」は性奴隷で、数十万人が犠牲になった、とすることも、

どちらも一面的で、誤った見方であろう、と思います。

 

 

 

ともあれ、この「慰安婦」にかんする、

サンフランシスコ市と、リー市長の決定が、

日本人の感情に、すくなからぬ嫌悪感をもたらしたのは、

事実だろうと思います。

 

そんななかでの、リー市長の急死に、ネット上では、

デスノートに名前でも書かれたのかな?

という意見も、ちらほらでています。

 

ちなみに、リー市長の死因は、心臓発作である、と報じられています。

 

 

 

 

おもえば、2020年の東京五輪で使用する予定の、

新国立競技場のデザイン案をめぐっても、

建築家のザハ・ハディド氏の設計した案が、

コストが想定外にかかったり、デザインが奇抜であったりして、

日本人に一定の不快感をもたらした、ということがありました。

 

 

その、ザハ氏も、急死しています。

死因は、心臓発作である、とされています。

アンチがあいついだ、「女芸人NO.1決定戦」。

こんにちわ。天機です。

 

 

 

昨日、日本テレビ系列で放送された、

「女芸人NO.1決定戦」

に対して、ネット上で酷評があいついでいるようです。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

この番組について報じた、うえのヤフーニュースの記事でも、

ネガティブコメントが殺到しています。

 

 

 

批判の概要は、

 

 

 

 

女芸人のレベルが低くて笑えない、M1とは雲泥の差

 

あのレベルで1000万とは笑止

 

笑い声を足していた

 

一度も笑えなかった

 

 

 

などなど。

 

 

 

ところが、このヤフコメの最上段に掲載されている、

「オーサーコメント」とやらだけは、

やたら番組を持ち上げています。

 

その、一般視聴者との評価の差は、寒々しいものがあります。

 

 

 

最近、思うのですが、

マスコミがなにかを推して盛り上げようとしたり、

有識者とやらが見解を述べたりしても、

ネットを中心に一般人が、それに乗らず、

冷めた見方をしていて、

両者の間にいちじるしい落差が生じていることが多々あります。

 

 

 

マスコミの影響力は、確実に低下しつつあるような気がします。

【奇門遁甲】『丁丁(両火成炎)』方位の効果【レポート】

こんにちわ。天機です。

 

 

 

今回はまた、奇門遁甲についての記事を書こうと思います。

 

 

 

奇門遁甲においては、天盤と地盤の組み合わせがとても重要なのですが、

その組み合わせの中で、「吉格」とされるものには、いくつかあります。

 

その1つが、丁丁、という組み合わせです。

これは、別名を、両火成炎(りょうかせいえん)といいます。

 

 

 

この方位の吉効果としては、頭脳が明晰になる、ということがあげられます。

 

 

 

 

 

じつは、わたくし天機は、いまから10年ほどまえに、

実際に年盤で、この方位をとって移動しました。

 

とはいうものの、移動したときに、丁丁の方位だから、

とわかって移動したわけではないのです。

 

そのときは、気学の暦しかみておらず、

五黄殺の方位ではないからまあ大丈夫だろう、

くらいの気持ちで移動したんだ、と思います。

 

 

 

ところが、つい数日前に、ネットで奇門遁甲のことを調べていて、

何の気なしに、

自分の10年ほど前の移動について調べてみたら、

丁丁という、大吉方位への移動だったのです。

 

 

 

そのときの移動は、両火成炎にくわえて、「丁奇昇殿」という吉格も構成

していました。

その吉方位をとったのは、奇門遁甲の年盤においてであり、

移動距離は約500キロ、

現在は、移動から約10年が経過しています。

 

 

 

では、実際に、どのようなことが起きたのでしょうか。

自分の実感から述べてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

まず第一に、合理的な判断をする能力が高まりました。

 

それまで、というのは、どこか夢想的な、現実離れしていた、

非合理的な思考をよくしていたのですが、

この方位をとって移動してから、だんだんと、

考え方が堅実になって、物事をさまざまな方向から検討できるようになり、

判断が合理的になり、また、

自分の行動を、自分の判断にしたがわせる自制心も高まってきました。

 

 

 

 

 

第二に、地味になり、コツコツと努力する生き方にかわってきました。

 

それまでは、たとえば、

刹那的な快楽のために1万円のお金を使う一方で、

寄付にも1万円を投じる、といった、はちゃめちゃな生活をおくっていたのですが、

この方位をとって移動してからは、

刹那的な快楽にも、寄付にも、お金を使わないようになり、結果、

お金も時間も手元に残るようになりました。

 

1人で外食して、美食、大食を堪能する、といったことも少なくなり、

おうちで素朴な料理をあじわうことに満足できるようになりました。

 

ある一時期だけガーッと勉強をがんばったりするけれど、その後、長期間に

わたって勉強をさぼってしまう、といったようなこともなくなり、

毎日すこしずつ、定期的に学習にとりくむようになりました。

 

 

 

 

 

第三に、思考力が高まってきました。

 

たとえば、このブログに書いているような、この世界の不思議、

といったような思考対象についても、

以前ならば、とんちんかんな思いつきに終始していたのが、

いろんなアイデアがつぎつぎと湧き出るようになり、

それらのアイデアを有機的に組み合わせて思考していけるようになりました。

 

いわゆる、雲をつかむような難問奇問のたぐいに対しても、

自分なりに糸口をつかんでいくようになりました。

 

生活上、人生上において、やっかいな、どうしていいかわからないような

難題に遭遇したときも、

簡単に投げ出したり、やけをおこしたりせずに、

理性的に問題を検討していけるようにもなりました。

 

 

 

 

 

第四に、家族の間での口論が減ってきました。

 

この吉方位には、家族全員で移動していますから、たぶん、

家族全員の頭脳が明晰になったと思われます。

 

その結果、家族みんながじっくりとよく考えるようになり、

無益な言い争いが、建設的な話し合いへとかわっていきました。

 

 

 

 

 

以上、みてきたような、さまざまな良い効果が、

丁丁という吉方位をとったことで、あらわれてきました。

 

 

 

ふつう、吉方位の効果といえば、

財運やお金のこと、出世や仕事のこと、恋愛や結婚のことなど、

「華やかななにか」を求めるひとが多いと思います。

 

頭脳のことに関しても、試験での合格、といった、

「目に見えるなにか」を求めるひとが多いと思うんですよね。

 

 

 

ですが、丁丁という方位は、そういったことにくらべると、

たしかに地味ですが、

頭がよくなることは、間接的に、人生全般、生活全般に、

おおきな良い影響をあたえてくれます。

 

 

 

きょうは、そんな地味な吉方位、「丁丁」の方位の、

体験レポートでした。

人体方位8-火の性質。

ずいぶんと、間が空いてしまいましたが、

ひさしぶりに、人体方位についての記事を書いてみたいと思います。

 

きょうは、「火の性質」についてです。

 

 

 

これまで、人体方位1から人体方位7までの記事を書いてきましたが、

そのなかで明らかになったことのひとつは、

人間の内臓消化器官というのは、

人体方位においては、南に位置するということ。

そして、南というのは、

後天八卦方位においては、離為火を意味する方位であって、

火に関係がある方位だ、ということでした。

 

 

 

では、いったい、

「内臓消化器官」と「火」のあいだには、

どのような関係があるというのでしょうか。

食べ物を食べ、消化するたびに、胃から炎が吹き上がる、

というわけでもないので、

この両者の関係は、すぐにはぱっと思い浮かびません。

 

 

 

自分は、つぎのように考えました。

 

この世界、じっさいにいろんなものがあって、

見たり、聞いたり、ふれたりすることのできる、この現実の世界において、

存在となっていたり、現象となってあらわれたりするものの背後には、

見えない、隠れた、本質的な原理があるのではないか。

 

目で見ることもできず、手で触れることもできないような、

そんな隠れた原理がもとにあって、

それが、現実世界の具体的な現象や事物となって具体化したものが、

この世界のさまざまな現象や事物なのではないか。

 

そんなことを考えたんですね。

 

 

 

ギリシャ哲学には、イデア論という考え方があります。

 

高校の時の、たしか、倫理か現代社会で習ったと思うのですが、

たとえば、

三角形1つ描くのにしても、いろんな三角形が描けるわけで、

その辺が直線になっているか、とか、角は厳密にとがっているか、

とかいったことを突き詰めていけば、それは、

厳密には三角形とは言い難いようなものかもしれないのです。

 

それでも、それが三角形であるとしてわれわれが納得できるというのは、

黒板に描かれた個別具体的な三角形からはなれた、

言ってみれば、三角形のイデア、のようなものを、

われわれが心の中にもっているからだ、と、

たしか、そういうようなことを勉強した記憶があります。

 

このイデア論、というのも、

個別具体的な現実存在の背後にある、本質的なものを問題にし、

探究した考え方のひとつでした。

 

ただ、自分のかんがえる、この世界の存在や現象の背後にある、

かくれた本質的な原理というのが、

ギリシャ哲学でいうところのイデアに相当するものであるのかどうかは、

はっきりとはわかりません。

 

 

 

ともあれ、現実の存在や現象の背後に、かくれた本質的な原理がひそんでいる、

という発想をもとにして考えると、

「内臓消化器官」と「火」についても、

その両者のもとになるような、共通の隠れた本質的原理、というのがありそうです。

 

 

 

では、そのかくれた本質的原理とは、いったい、なんなのでしょうか。

 

自分は、つぎのように考えてみました。

 

 

 

まずは、内臓消化器官について、考えてみましょう。

 

内臓消化器官、というのは、

食べ物を消化して、それを「うんこ」に変換していくはたらきをもった器官です。

 

食べ物、というのは、人間によって「食べられる」以前には、

いろんな姿かたちをしていますよね。

 

それは、たとえば、焼き肉だったり、お刺身だったり、煮物だったり、

野菜だったり、魚だったり、肉だったり、卵だったり、ゼリーだったり、

ヨーグルトだったり、おせんべいだったり、まんじゅうだったり、

 

それはもう、千差万別であるわけです。

 

でもそれが、いったん食べられて、それが消化されて行き着くところ、

というのは、

 

たった1つの「うんこ」です。

 

食べ物なら、あれだけたくさんの、千差万別の種類があって、

いろんな姿かたちをしていたのに、

 

「うんこ」は、どうみても「うんこ」でしかありません。

ただ1種類です。

 

 

 

ではつぎに、火、について考えてみましょう。

 

火、というのはなにか、といえば、それは、

ものを燃焼させて、灰へと変換していくなにか、です。

 

もの、というのは、「燃やされる」以前には、

それこそ、さまざまなものがあり、姿かたちがあるわけです。

 

それはたとえば、

 

書類だったり、衣類だったり、紙だったり、生ごみだったり、

障子だったり、ふすまだったり、木製家具だったり、

 

それはもう、千差万別であるわけです。

 

でも、それらがいったん「燃やされる」と、

それらはすべて、「灰」になってしまいます。

 

可燃物については、あれだけたくさんの、千差万別の種類があって、

いろんな姿かたちをしていたのに、

 

「灰」はどうみても、「灰」でしかありません。

ただ1種類です。

 

 

 

 

整理してみましょう。

 

内臓消化器官、というのは、

千差万別であった「食べ物」を、みな、1つの「うんこ」に変えてしまいます。

 

火、というのは、

千差万別であった「可燃物」を、みな、1つの「灰」に変えてしまいます。

 

そして通常は、

わたしたちが暮らしているこの世界では、人間にとって、

「食べ物」や「可燃物」には、一般的に言って「価値」がありますが、

「うんこ」や「灰」には、そういった価値が、あまりありません。

 

 

 

これらのことを総合して、自分は、つぎのように考えました。

 

食べ物を消化する「内臓消化器官」、そして、

可燃物を燃焼させる、ぼうぼうと燃えている「炎」、

それらに共通する「火」なるものの本質的原理とは、

 

「多種多様な存在物を統合し、無価値ななにかへと帰納してゆく、

 『統合帰納作用』」

なのではないだろうか。

 

この本質的原理が、この世界に、かくれた原理として存在し、

それが具体的な現象や事物としてあらわれたものが、

たとえば、

内臓消化器官のはたらきであったり、炎であったりするのではないか。

 

 

 

そんなふうなことを、考えました。

 

 

※ 人体方位、についての、その他の記事については、こちらから↓

 

reasongomainstream.hatenablog.com

漢字の不思議 総合

漢字について、自分なりの独自説を考えてみました。

その、まとめリンク集です。(随時更新)

 

従来の漢字理論。 - この世界の不思議

漢字の、はね - この世界の不思議

痒、という漢字には、なぜ羊がはいっているのか - この世界の不思議

「許」という漢字には、なぜ「午」がはいっているのか。 - この世界の不思議

「欲」という漢字と、人間の三大欲求の性質。 - この世界の不思議

「子」という漢字の字源について。 - この世界の不思議

 

 

好きか、嫌いか? 総合

好きか、嫌いか?

という記事のシリーズについての、まとめリンク集です。(随時更新)

 

好きか、嫌いか? その1 - この世界の不思議

好きか、嫌いか? その2 - この世界の不思議

 

 

日本人メジャーリーガーと、奇門遁甲。

こんにちわ。天機です。

 

きょうは、日本人メジャーリーガーについて、

奇門遁甲」という占いをつかって、見てみたいと思います。

 

 

 

どうすれば吉運を引き寄せられるのか。

どうすれば凶運を避けられるのか。

 

そういったことを研究する学問を、広く総称して「運命学」といいます。

 

四柱推命や西洋占星術、タロットや易、風水といった「占い」も、

広い意味では「運命学」にふくまれます。

 

 

 

そういった「運命学」の一分野に、「方位学」というのがあります。

 

これは、どの時期に、どちらの方角へ移動、移転すると、

吉になるのか。あるいは、凶になるのか。

 

そういったことを研究する学問です。

 

 

 

方位学としては、日本では、「気学」というのが有名です。

五黄土星は、とか、九紫火星は、とか、いうのがそれです。

「気学」では、うまれた年によってそのひとの「九星」をさだめ、

その九星にもとづいて、

ある時期の吉方位、凶方位を決定していきます。

 

 

 

もっとも、この気学、日本では方位学として有名なのですが、

できたのは、大正時代になってからのことです。

まだ、歴史が浅いんですね。

 

 

 

それに対して、古代中国で誕生し、

はるかに長い、数千年という歴史をもち、秘伝とされてきた方位学が、

奇門遁甲(きもんとんこう)」といわれるものなのです。

 

 

 

日本の書店では、毎年年末ごろになると、

高島易断研究所などが発刊する「暦」が発売されています。

そこであつかわれている方位学というのは、

基本的に、「気学」なんですね。

 

それに対して、奇門遁甲という方位学については、

よほど大きな書店へ行ったとしても、

書籍そのものがあまりない、ということも、ざらにあります。

 

東京では、神田神保町にある原書房という書店、

大阪では、心斎橋にある中尾書店、が、

それぞれ、運命学や占いに関連する書籍の専門書店として有名ですが、

そういったところへ行けば、

奇門遁甲に関連する書籍は、たぶん見つかるでしょう。

 

 

 

 

では、この奇門遁甲という占いで、日本から米国に渡ったメジャーリーガーを

検討したばあい、どういうことがわかるのでしょうか。

 

奇門遁甲では、

天盤と地盤、八門、八神、九天星、九宮、と、

いろんな要素をつかって吉凶を検討するのですが、

おおきな影響力を持つ要素は、天盤と地盤です。

 

この、天盤と地盤をつかって、みてみましょう。

 

 

 

 

まず、松坂大輔です。

 

松坂大輔は、2007年に渡米しました。

日本から見て米国は、北東の方位にあります。東、ではありません。

 

2007年の、奇門遁甲の年盤では、

北東方向の天盤と地盤は、「辛辛」となっています。

これは、「伏吟相剋」とよばれる、大凶方位です。

その象意は、「見栄をはって自滅する」です。

 

松坂大輔と、その奥さんである柴田倫世は、

2007年に渡米しました。

そして、松坂は、その後日本に帰ってきたりもしましたが、

奥さんのほうは、ずーっと米国にとどまっています。

 

奇門遁甲の年盤というのは、

作用が生じはじめる時期はおそいのですが、

いったん作用が生じ始めると、非常におおきな影響を、

長期間にわたっておよぼすようになります。

 

奥さんの柴田倫世さんは、渡米してから、

生活の本拠が米国のまま、かわっていないので、

2007年北東方位への移動、という奇門遁甲の年盤の影響が、

時とともにだんだんと蓄積し、あらわれてくることになります。

 

報じられているところによると、

松坂夫妻は、ボストンで家賃月額400万円の高級マンションに住み、

こどもたちの教育費も年間1000万円ほどかかる、ということなので、

もしかしたら、

「見栄をはって自滅」という、

奇門遁甲の「辛辛」方位の象意が、あらわれつつあるのかもしれません。

 

移動したのが2007年とすると、今年、2017年で、

それから10年になります。

奇門遁甲の年盤の影響力が、じわりじわりと出始めたことも、

松坂のソフトバンク退団という事態とも、関係があるのかもしれません。

 

 

 

 

つぎは、ダルビッシュ有です。

 

ダルビッシュは、2012年に渡米しました。

 

ダルビッシュの方位の吉凶は、松坂大輔とは、対照的です。

 

2012年は、奇門遁甲の年盤では、北東の方位の天盤、地盤は、

「戊丙」となっていました。

 

これは、「日出東山」という、まずまずの吉格で、その象意は、

「最初すこしつらいことがあるかもしれないけれど、

 時間がたてばたつほど発展し、おおきな成果をえられる」というものです。

 

ダルビッシュ有は、最初、ひじの調子とかに悩まされましたが、

トミージョン手術を受けるなどして復活し、

最近の報道では、来季は、6年180億円の契約は固いだろう、といわれていますね。

 

 

 

 

自分は、どちらかといえば、

「気学」よりも、「奇門遁甲」のほうが信頼できるような気がしています。

 

奇門遁甲については、書籍は少ないですが、

ネットで手に入る情報もあります。

 

移動するとき、移転するときは、

できれば吉方位に向かいたいものですね。