この世界の不思議

この世界のいろんなことについて、思ったことを書いていきます。

皇太子ご一家と、秋篠宮家。

こんにちわ。天機です。

(約1400字)

 

 

 

天機はあまり、テレビをみることがなくて、

お昼のワイドショーとかもまったく見ないのですが、

見る人は見ますよね。

 

 

 

お昼のワイドショーとかでは、

芸能ネタをやったり、ときには、

皇室に関する話題を取り扱ったりすることもあるかと思います。

 

 

 

きょうは、皇室に関する、

天機の下世話な論評になります。

 

 

 

皇室には、皇太子ご一家と、秋篠宮家があります。

 

天機は、時代の大きな流れ、時代の変化、

といったものをつかみたいと、いつも思っているのですが、

この、皇室における2つのご家庭をみていると、

やはり、時代の変化というものがあるように思えるのです。

 

 

 

2003年ごろから、今年、2018年ごろにいたるまでの、

おおよそ15年間、

世の中的にも、ある種の特徴をもった1つの時代がありました。

 

 

 

そして、この、2003年ごろから2018年ごろに至るまでの15年間というのは、

ごくごくおおざっぱに言って、

 

「皇太子ご一家下げ、秋篠宮家上げ」

 

という時代だったように思うのです。

 

この時代には、皇太子ご一家があまり運気がよくなくて、

秋篠宮家は運気がよかったような印象をうけるのですね。

 

 

 

2003年ごろを境として、皇太子ご一家では、

雅子様が、適応障害という病気にかかられて、

一般に姿を見せられることがなくなりました。

 

そのために、皇太子ご一家が、ある種のバッシングにさらされることも、

あったわけなのです。

 

 

 

同時期の秋篠宮家は、比較的幸運でした。

 

2006年には、秋篠宮家に、待望の男系男児となる悠仁様が誕生し、

国民の祝福を受けることにもなりました。

 

 

 

以上のことから、総じて言えば、

2003年ごろから2018年ごろにかけてのおおよそ15年間は、

 

「皇太子ご一家下げ、秋篠宮家上げ」

 

という流れだったように思います。

 

 

 

ところが、この流れは、

2018年前後になって、変化を見せ始めます。

 

 

 

2016年、天皇陛下が、突然の生前退位の宣言をなさいました。

 

このことによって、

皇太子さまは、近いうちに、確実に次期天皇になられることが確定し、

皇太子さま、雅子様は、つぎの天皇皇后両陛下になられることになり、

他方で、

秋篠宮家がそのようになる目は消えました。

 

このことと、だいたい時を同じくするようにして、

雅子様の病状が急速にご快復に向かわれるようになり、

メディアへの対応など、

公の場に雅子様がお見えになることが増えてきたのです。

 

 

 

他方で、秋篠宮家においては、

眞子様の婚姻問題が突然浮上することとなり、

婚姻だから慶事であろうと、ふつうは思われるところなのですが、

お相手の人柄なども関連して、

国民の間に祝福のムードが広がっているかというと、

かならずしも、そうとは言えない状況にもなっています。

 

 

 

これらの事柄を総合すると、

2018年前後になってきて、時代は、

 

「皇太子ご一家上げ、秋篠宮家下げ」

 

の方向に、すこしシフトしてきたかな、というように、天機は思うのです。

 

 

 

上で述べたようなことが真実なのかどうかは、全然わかりませんけれども、

なんとなく、

皇太子ご一家の運勢と、秋篠宮家の運勢は、

たがいにシーソーのような関係になっているような気がするのです。

 

 

 

そして、

2003年ごろから2018年ごろまでの時代には、

そのシーソーはある方向に傾いていましたが、

2018年ごろの最近になって、

そのシーソーが、傾きをすこし変えてきたかな、というように思うのです。