この世界の不思議

この世界のいろんなことについて、思ったことを書いていきます。

デンバープレミアム、まずい。

こんにちわ。天機です。

 

 

 

きょうは、ステーキ店に行った感想を書いてみたいと思います。

 

 

 

天機は、ステーキを食べるのが好きです。

がっつり肉を食べる、というのが好きなんですね。

 

以前は、天機は、「俵屋ハンバーグ」という店の、

300グラムステーキを愛好していました。

 

赤身肉ですが、肉に締まりがあり、とてもおいしかったです。

1600円ほどでした。

 

 

 

ところが、いつも行っていた「俵屋ハンバーグ」では、

ステーキを取り扱わなくなってしまったのです。

 

そこで、代わりに行けるようなステーキ店を探していました。

 

 

 

最近、「デンバープレミアム」というステーキ店のことを知ったので、

ためしに行ってみました。

 

結論から言うと、最悪でした。

非常に不快な思いをすることになったのです。

 

 

 

店の雰囲気とか、店員の態度とかは、普通でした。

 

自分は、溶岩焼アメリカンステーキ300グラム、

スープライスセット、というのを頼んだのですが、

コーンスープとクルトンも、まあまあ美味しかったです。

 

 

 

問題なのは、その肉質です。

 

自分が頼んだのは、この店でいちばん安いステーキなので、

仕方のないことなのかもしれませんが。

 

 

 

まず、肉が切りにくい。

ナイフで切ってみても、筋が糸をひくようで、

なかなか切断しきることができません。

 

そして、肉を口に含んでみると。

 

なんだか、ぶよぶよしています。

たとえて言うなら、

弾力性のあるゴムのかたまりを口に含んだようで、

すごい違和感でした。

 

皿の上のステーキ肉をためしにフォークでぎゅっぎゅっと押してみると、

やっぱり、肉がぶよんぶよん、ぶにゅぶにゅしています。

 

そして、この肉が、口の中でとても噛み切りにくいのです。

何回も何回も繰り返し噛むのですが、

ぜんぜん噛みきれない。

 

いつまでも、口の中に、弾力性のあるゴムのようなかたまりが、

残ったままなのです。

繰り返し噛むので、だんだん口が疲れてきます。

それでしかたなく、噛みきれないまま、肉を飲み込むことになります。

 

 

 

ソースは美味かったです。

 

 

 

あと、ほかに気づいたこととしては、

水を入れたグラスの底の、薄く白っぽい汚れがとれていませんでした。

水垢なのでしょうか。

でも、これは、サイゼリアのグラスでも、よく経験することです。

 

ほかには、ライスを大盛り無料サービスで大盛りにしてもらったはずなのですが、

あんまり大盛りにはなっていませんでした。

 

 

 

これで、1600円ほどでした。

 

 

 

安いので、仕方がないのかなあ、とも思いましたが、

必ずしもそういうわけでもない、と思います。

 

実際、以前に自分が食べていた、「俵屋ハンバーグ」の300グラムステーキは、

おなじく1600円ほどでしたが、

けた違いに美味しかったです。

 

 

 

まあ、実際に食べてみないと、

美味しいかどうかなんてわからないのですから、

ひとつの経験になった、ということでしょう。

 

 

 

ですが、あのようなステーキを食べるのならば、

スーパーで2000円200グラムほどの、

和牛ステーキ肉を買って、家で焼いて食べたほうが、

たぶん、満足感は高いだろう、と確信できます。

 

 

 

もっとも、まずかったのは、デンバープレミアムのなかでも、

いちばん安いステーキです。

 

もしかしたら、もう少し値段の高いステーキを頼んでいたら

美味しかったかもしれないし、

ここは、リブロースステーキが美味しい、という情報もあります。

 

これにこりずに、もう一度、足を運んでみるかもしれません。

 

 

 

そして、これはデンバープレミアムにかぎったことではないのですが、

1つ、教訓として言えると思うのは、

「はじめて行く店では、ビッグサイズを頼まない」

ということです。

 

はじめて行く店では、美味しいかどうかは、まだ、わからないのです。

出てきた料理が、じつは美味しくなかった、というときに、

ビッグサイズを頼んでいると、ダメージが大きくなります。

 

実際、今回のデンバープレミアムのアメリカンステーキでも、

自分は、300グラムを頼んでしまいましたが、

200グラムのもあったのです。

 

ですので、初めて行く飲食店では、

いきなりビッグサイズを頼むのではなくて、

普通サイズを頼んで様子を見てから、という姿勢のほうが、

よいように思います。