男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

バスにはなぜ、老人が多いのか。

市営バスなどに乗ることがある。

 

そういうとき、いつも思うのは、

「老人が多いな」ということだ。

 

ほんとうに、薄気味が悪くなるほど、老人がうじゃうじゃと乗っている。

 

若い女の子でもたくさん乗っているのならば、

気分も明るくなるのだが、

老人がたくさん乗っていると、不快感が増してくる。

 

 

どうして、バスにはたくさん老人が乗っているのだろう。

 

 

第一に考えられる理由としては、高齢者は、バス料金が安い、ということだ。

 

市営バスなどの公共交通機関に関しては、自治体が高齢者に、

敬老優待パスなどを配布していることがある。

 

それを使えば、高齢者はバスに安く乗車できるので、結果として、

高齢者のバス利用が多くなる、ということになるのだ。

 

実際、市営バスとほぼ同じ路線を並走して走っている民間の路線バスなどには、

高齢者がそれほど乗っていない、という現実もある。

たぶん、敬老優待パスは、民間の路線バスでは使用できないからなのだろう。

 

 

しかし、ここで不思議なことがある。

 

敬老優待パスが使用できるのは、市営バスだけではない。

公共交通機関であれば使用できるから、たとえば、

市営地下鉄でも使用できるのだ。

 

ところが、市営地下鉄の老人率は、市営バスほどではないのである。

 

市営地下鉄には、たしかに老人もおおく乗車しているのだが、

市営バスのようにうじゃうじゃと老人が凝集している、

などといったことはないのだ。

 

これをどう考えたらいいのだろう。

 

 

そこで、市営バスにとくに老人が多いことの理由の第二として、

所要時間の問題が浮上してくる。

 

路線バスというのは、一般的に、

目的地に着くまでに非常に長い時間がかかる。

 

同じ目的地へ行くのでも、市営バスに乗るよりも、

鉄道や地下鉄を利用したほうがよほど早く着く、ということは、よくあることだ。

 

ひとつには、バスというのは、鉄道に比べて、

ノロノロ運転するものである、ということもあろうし、また、

バスというのは、渋滞に巻き込まれるものである、ということもあろう。

 

老人というのは、基本的に、ひまな時間をもてあましている。

だから老人にとっては、バスがノロノロと運転していて、

目的地へ着くまでに時間が多くかかったとしても、

なんらの痛痒を感じないのである。

 

ところが社会には、老人だけが存在するわけではない。

 

学校へ行かなければいけない学生がいる。

買い物をしなければいけない主婦がいる。

通勤しなければいけないサラリーマンがいる。

 

こういったひとたちに共通していえることは、みな、時間がない、ということだ。

目的地に着くまでにだらだらと時間をくってもらったら、困るのである。

 

だからこういったひとたちは、おそらく、

所要時間が長くかかるような、バスという交通機関は、

移動手段からは排除するのである。

 

そして、学生、主婦、サラリーマンといったひとたちは、

比較的、年齢が若い。

年齢が若い、彼ら、彼女らがバスには乗らないので、

バスにたくさん乗り込む老人の影響を、

若いエネルギーで中和することができないのだ。

 

 

これがおそらく、

バスには老人がうじゃうじゃと乗っている理由である。

 

そして、いつバスに乗っても老人がうじゃうじゃと乗っているなあ、

と思って、不快な思いをした若い層は、

ますますバスを敬遠することになるだろう。

そうすると、さらにバスの老人率が上昇することになる。

悪循環である。