男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

まったく「炎上」していない、宮城県PR動画。

壇蜜さんを起用して話題になっている、宮城県のPR動画。

2017年7月28日現在で、Youtubeでの再生回数は240万回を超えている。

 

頭の固い歪んだ男女共同参画論者などは、

この動画が「炎上」していることにしたくて仕方がないらしいが、

どうやら、事実は正反対のようだ。

 

炎上というのは、四方八方から非難の集中砲火を浴びていることを、

たぶん、指していうのだろう。

 

この動画は、四方八方から非難だけを受けているだろうか。

 

Youtubeの、いいね、と、よくないね、を見てみると、

いいね5700に対して、よくないね3400。

じつに、いいねが2300もの大差をつけて、よくないねを圧倒しているのだ。

 

再生回数だけをかせぐことが目的になってはいけない、なんて、

この動画を批判する者は言うのだが、

この動画は、単に再生回数をかせいでいるだけではないのだ。

この動画をいいと思っている、多数の視聴者に支持されているのである。

 

宮城県には、批判を内容とする意見が200件ほど寄せられているようだが、

Youtubeのいいねをみれば、6000人近くの支持者がいることが明らかになっている。

批判者は、まったくもって多数派を構成することに失敗しているのだ。

 

女性からは不評をかっている、なんて意見もあるようだが、

だからなんだというんだろう。

社会には、男性も、女性もいる。

女の意見ばかりを尊重することこそが、歪んだありかただろう。

 

男性は、エッチな生き物なのである。それでいい。

 

炎上している、ということでいえば、花王の、

「オトコ臭」をなくす洗剤のCMのほうが、炎上してるんじゃないのかね?

 

Youtubeでは、そのCMの動画に対して、現在、

いいね16に対して、よくないねが98だ。

じつに、よくないねは、いいねの6倍以上あることになる。