男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

生活保護がもらえないのなら。

静岡市で、生活保護を申請した男性が、

以前に暴力団組員であったことを理由に、生活保護申請を却下された。

男性は、すでに組員はやめた、と言っているが、市の方針はかわらない、という。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

これに対してヤフコメでは、

だったら最初から組に入らなければよかった、とか、

いまさら都合がよすぎる、なんて意見が多いけど、どうなんだろうね。

 

かりに生活保護がもらえなくて、この男性が生活に立ち行かなくなったとしたら、

犯罪を犯すかもしれないよね。

生活が立ち行かなくなったひとが、社会から自然にフェードアウトする

わけでもなんでもないからね。

もしかしたら、生活保護がこの男性におりなかったことで、

結果的に、この社会のだれかが、殺人事件にまきこまれて命を落とすかも

しれないよね。

まあ、ヤフコメ民は、それでもかまわない、と思っているのだろう。

よろしい。それもひとつの選択だ。