男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

東洋占術と、数え年の計算法。

数え年、というのを、聞いたことがあるだろうか。

おじいちゃん、おばあちゃんなど、古い世代のひとは、昔は、

よく数え年で年齢を数えたりしていた。

42歳は男の大厄、などといわれたりするが、

この厄年の計算法も、数え年で数えた年齢を基準としている。

数え年で42歳は、男の厄年だ、ということだ。

 

では、数え年とは、なんなのだろう。

どうやって計算するのだろう。

 

普段、日常的に使っている満年齢に、1歳だけプラスしたら、

それが数え年なのだろうか。

 

じつは、それはちがうのだ。

数え年には、数え年の、独特の計算法がある。

 

ウィキペディアなどで、数え年の計算法をしらべてみると、

「生まれた年を数え年1歳とし、以降、1月1日がくるごとに、

 1歳ずつプラスしていく」などと書かれている。

なるほど、そうなのか、と思うだろう。

たしかに、日常的に簡便に数え年を扱う際には、これでも事足りる。

 

 

しかしながら、東洋占術をやる際には、注意が必要だ。

四柱推命(子平、先天八字)、あるいは、紫微斗数といったものが、

東洋占術の代表的なものなのだが、

これらはもともと、中国発祥のものである。

これらの占いでは、年齢の計算は数え年が基準になっているのだが、

その数え年を計算する際には、やはり、

中国式のやり方を用いなければ、東洋占術として機能しなくなってしまうのだ。

数え年の、簡便な計算法では、占いの役にはたたないのである。

 

では、東洋占術での、数え年の計算法とは、どのようなものなのか。

それは、以下のようになる。

「生まれた時点(生まれた年、ではない)を1歳とし、以降、

 旧暦の1月1日(旧正月)がめぐってくるごとに1歳ずつ加える」

このようになるのだ。

 

であるから、数え年で数えた年齢は、満年齢プラス1歳、あるいは、

満年齢プラス2歳、のいずれかになる。

 

具体的な例で考えてみよう。

 

太陽暦グレゴリオ暦)での10月にうまれたひとがいるとする。

このひとは、うまれた時点で、数え年1歳である。

数え年に0歳はない。はじまりは、数え年1歳からだ。

 

月日がめぐり、1か月から2か月ほどたって、太陽暦での元日がきたとする。

しかし、そのひとの数え年での年齢は、変化しない。

太陽暦での元日、ふつうわれわれが年賀状を受け取ったりする元日の到来は、

東洋占術での数え年には、変化をおよぼさない。

 

それからしばらくたって、

太陽暦での1月末ごろから2月上旬ごろにかけて、

旧暦の1月1日(旧正月)が到来したとする。

旧正月は、だいたい、毎年それくらいの時期にやってくる。

この時点で、そのひとは、数え年2歳になる。

 

それから8か月ほどたって、太陽暦での10月がやってくる。

そして、そのひとが実際に生まれた10月の誕生日がやってきたとする。

しかしそのことは、数え年には、なんら影響しない。

そのひとは、満1歳になるのだが、数え年は2歳のままである。

 

 

別の具体例でみてみようか。

 

太陽暦での1月にうまれたひとがいるとする。

このひとは、うまれた時点で数え年1歳だ。

ただ、このひとの場合、うまれたのが太陽暦の1月だから、

うまれてからわずか数週間ほどで、

ただちに旧正月がやってくることになる。

そうすると、やはり、そのひとは数え年2歳になる。

そのひとが数え年1歳であったのは、わずか数週間だけ、ということになるのだ。

 

うまれたのが太陽暦での2月上旬で、旧正月がその数日後にやってくる人もいる。

そういうひとは、

数え年1歳であったのは、うまれてから数日間だけ、ということになる。