男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

自分にとって敵なのか、味方なのかーその3。

このやり方を使えば、まだ自分が実際に会っていないような相手でも、

そのひとが自分にいい影響をあたえる人なのか、

それとも、よくない影響をあたえる人なのか、という予測がつく。

これから交際をはじめようかな、恋愛関係になろうかな、

と思っているような相手でも、

これを使って相性をみることができる。

 

これは、自分に身近な、親しい、せまい関係にあるようなひとだけに

適用できるものではない。

もっと広い範囲の人、広い範囲の事象に適用できる。

 

たとえば、この日本という国は、はたして、

自分と相性がいいのだろうか。

日本という国にいて、自分は活躍、発展できるのだろうか。

 

そんなことを考えたときには、次のホロスコープを調べてみるのが、

役に立つかもしれない。

① 日本国憲法が公布、施行されたときの年月日

② 神話、伝説上で、この日本という国ができたとされる、

  紀元前660年2月11日

③ 今上天皇の生年月日

④ 現在の内閣総理大臣の生年月日

 

①は、新憲法下での新生日本において自分が活躍できるかどうか。

②は、古来より続くこの日本の地から、自分は支援を受けられるかどうか。

③は、平成という時代が、自分にとって運のいい時代なのかどうか。

④は、現政権は、自分と相性のいい政権なのかどうか。

 

そんなことを、みることができると思う。

 

そのほかにも、たとえば、アメリカという国は、自分と相性がいいのか。

中国という国は、自分と相性がいいのか。

そんなことを知りたければ、アメリカや中国の建国年月日でホロスコープ

出してみればいいかもしれない。

そうすれば、たとえばアメリカや中国へ旅行に行ったり、あるいは、

アメリカや中国でビジネスをしたり、といったときに、

それがうまくいくかどうかについて、ひとつの示唆をあたえてくれるだろう。

 

会社でもそうである。

会社には、その会社の設立年月日と、創業者の生年月日、

現在の代表取締役の生年月日がある。

それらを調べれば、その会社にたとえば入社するとき、

あるいは、その会社と取引するとき、あるいは、

その会社の株を買おうとするとき、

はたしてそれらがうまくいくかどうかにかんして、示唆がえられるだろう。