男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

どこがかゆいのか、わからないかゆみ。

体がかゆいときがある。

どこがかゆいのか、わかっていれば、

そこをかけばすむ。

ところが、不思議なことに、どこがかゆいのかいっこうにわからない

かゆみというのが、たまにある。

そういうときは、経験上、次の場所がじつはかゆかった、

ということが多い。

 

① 耳の穴のなかがかゆい(綿棒でかくと、おさまる)

② ちんこがかゆい

③ お尻の穴がかゆい

④ 頭皮がかゆい