男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

自分にとって敵なのか、味方なのかーその2。

自分にとって敵であるのか、味方であるのか、

それを知りたい相手の生年月日と時間がわかったら、

といっても、正確な時間まではわからなくても、ある程度までは

ホロスコープはつくれるのだけれど、

それがわかったら、ホロスコープをだしてみる。

そうすると、どういったことがわかるのだろう。

 

相手のホロスコープと、自分自身の生年月日時でだしたホロスコープを、

ならべて比較してみる。

 

たとえば、相手のホロスコープ上の木星の位置が、

自分のホロスコープ上の太陽の位置やアセンダントの位置に、

重なっているか、とても近かったりしたら、その相手は、

自分の味方になってくれる可能性が高い。

あるいは、相手のホロスコープ上での冥王星の位置が、

自分のホロスコープ上での太陽の位置に、トラインの角度を形成していたり

しても、同様に、味方になってくれる可能性が高いだろう。

 

反対に、相手が敵になる場合というのは、どういう場合だろう。

 

まず、相手のホロスコープ上での土星の位置が、

自分のホロスコープ上での太陽の位置に重なっているか、とても近いか、

あるいは、

自分のホロスコープ上での太陽の位置の真反対、つまり、オポジション

の位置にあるような場合は、その相手は、

自分の敵になる可能性が高いだろう。

また、相手のホロスコープ上の複数の星が、

自分のホロスコープ上での太陽に対して、グランドクロスをつくってくるような

位置に配置されている場合も、同様に、その相手は、

自分の敵になってくる可能性が高いだろう。

さらには、自分のホロスコープ上にもともと、なんらかのオポジションを形成

している2つの星があるとして、

相手のホロスコープ上にある、オポジションを形成する2つの星が、

自分のそれと互いに90度を形成するような位置関係になる場合、

つまり、相手のオポジションと自分のオポジションを組み合わせたら

グランドクロスができてしまうような場合、

そういった場合もまた、その相手は、

自分の敵になる可能性が高いと思う。

 

ここで、敵だとか、味方だとかいうのは、

かならずしも実際の対立や戦争の発生を前提としたものではなくて、

なにかしら自分に対してよい影響をあたえてくるであろう存在を

全般的に「味方」、

なにかしら自分に対してよくない影響をあたえてくるであろう存在を

全般的に「敵」とよんでいる。