男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

自分にとって敵なのか、味方なのかーその1。

ある人物や、ある団体、あるいは、ある現象といったものまで、

それらがはたして、

自分にとって、敵になるのだろうか。

それとも、味方になるのだろうか。

あるいは、自分の運命とどのように関係しているのだろうか。

自分は、そういうことを考える人間だ。

 

あるひとが、自分に対してとても親切で、なにかとプラスになることを

してくれる。

そういうことが続けば、ああ、このひとは自分にとって味方だ、

と、なんとなく考えるだろう。

 

また、べつのあるひとが、自分に対してとても不親切で、

なにかとマイナスになることばかり仕掛けてくる。

そういうことが続けば、ああ、このひとは自分にとって敵だ、

と、やはりなんとなく考えるだろう。

 

こうしたことは、具体的にその人が、どういう行動を自分に対してとったか

という、過去の具体的な「実績」に基づいて、

敵か、味方かを判断するものだ。

 

 

が、自分がここで言おうとする、敵か、味方かの判断方法には、

それとはちょっと違うものもふくまれる。

 

自分独自の、敵か味方かの判断方法の第一にあげられるのは、

西洋占星術を使った判断方法だ。

 

どんなひとにも、そのひとの生まれた生年月日や生まれた時間というのがある。

また、企業や団体であっても、その企業や団体が設立された年月日というのが

ある。

国家に関しても同様だ。建国された年月日というのがある。

 

それらの、誕生した年月日と時間がわかれば、

それをもとに西洋占星術ホロスコープをだしてみる。

 

ホロスコープを無料で作れるサイトは、いくつかある。

ホロスコープを無料で作成!初心者でも簡単♪運勢も診断できる。

たとえば、上のようなサイトだ。

 

ホロスコープを出すのは、無料のサイトを使えば簡単だが、

そのホロスコープの意味を自分で読み解くには、やはり、

西洋占星術のある程度の基礎知識が必要になる。

 

そういった基礎知識は、たとえば西洋占星術のことを解説した本などから、

自分で入手しておく必要がある。

自分がはじめて西洋占星術の本を手に取ったのは、

いまから20年近くまえのことで、ルル・ラブアというひとの書いた本だった。

彼女の著作に関しては、いくつか批判もあるようなのだが、

個人的にはおすすめである。

占星学 新装版 | ルル・ラブア |本 | 通販 | Amazon