男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

医療過疎問題の隠れた原因とは。

医療過疎の問題がとりあげられることがある。

地方の過疎地域において、医師や病院が不足して、

地域医療の存続におおきな懸念が発生しているという、あれである。

地域自治体などでは、2000万円くらいの年俸を用意するなどして

医師の獲得にやっきになっているが、容易ではないという。

 

どうして過疎地域において、そういった医療過疎の深刻な事態に

なっているのだろうか。

地方の過疎地域は都会に比べると不便だから、どうしても医師が

そういった地方の過疎地域などへは、なかなか行きたがらない、

という現状もあるのだろう。

だが、このブログ主は、おかしなものの見方をする人間

なので、例によって自分なりの考察をくわえてみたいと思う。

 

医師といえども、人間である。男性の医師も多いことだろう。

男性というのは、基本的にはエッチな生き物だ。

まじめそうな顔をして患者を診察していても、

ときには女子高生のおっぱいでも触診してみたいなあ、と思うのが、

人情というものだろう。

ところが、である。

地方の過疎地域というのは、非常に高齢化率が高いことがおおく、

住民のほとんどは老人であって、若者などほとんどいない、

ということも珍しくはない。

となると、女子高生のおっぱいなどにはなかなかありつけず、

自分のもとに日々やってくるのは、

垂れ下がったおっぱいやしわくちゃの顔、ひからびたような肉体をもった

老人ばかり、ということにもなりかねないのである。

想像してほしい。それがどれほど医師に苦痛をもたらすのかを。

 

地方の過疎地域が都会に比べると不便である、というのは、

なるほどその通りである。

しかしながら、それは表面的な、教科書的な事情にすぎない。

そして人間というのは、表面的な事情だけで動くとは、かぎらないのである。

あまりひとにはいえないような、どろどろとした暗い人間の心の奥底、

そういったものが人間を突き動かしている、ということは、

決してめずらしいことではない。

せっかく医師になったにもかかわらず、女子高生のおっぱいもおがめず、

老人の診察ばかりをしなければならない職場環境ではたらかねばならない、

というのは、

医師にとっては、じつに萎えるものなのだ。

この事実に真摯に向き合わない限り、

医療過疎の問題が改善に向かう可能性は低いようにおもわれる。