男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

消費離れの隠れた原因。

消費離れということがいわれる。

ひとびとが節約志向になって、お金を使わなくなり、

個人消費が伸びない、と。

そんなふうに説明されることが多い。

たしかに、将来の年金がもらえるかどうかということも不確かな状況では、

お金はできるだけ使わずにとっておこうと考えたとしても、

不思議ではない。

ひとびとがお金を使わないのを反映してか、

デフレの再来のような予兆もある。

セブンイレブンやイオンといった流通各社は、

商品の値段を下げる動きも見せ始めた。

 

ひとびとがお金を使わない要因には、いろいろなものがあると思う。

ただ、案外単純で、見過ごされやすい要因も、なかにはあるのではないか。

 

たとえば以前、コンビニの店員などが、冷蔵庫の中にはいって遊び、

その様子を動画で投稿する、などといったことがあった。

こういった状況を消費者が目の当たりにすれば、

商業全般に対して不信感をいだくことにもなるかもしれない。

 

また、商品を買っても、ありがとうございました、を言わない店員もいる。

そういった店員に接客されたら、あまりいい印象を持てずに、

その店からは、その後、足が遠のくことになるかもしれない。

 

バイトの店員が、お客様のことではなく、自分の給料のことや、

自分の仕事への不満などを考えて仕事をしていれば、

その態度からも、お客はなにかを感じ取るはずである。

そうすれば、その店で商品を買うことから得られるお客の満足も低下し、

結果、あまりその店では商品を買うことはなくなるかもしれない。

 

サービス、顧客満足度、などといったことがさかんに語られる昨今の

世の中ではあるが、

サービスの基本中の基本は、

お客に満足や快適さをあたえることももちろんだが、大前提として、

お客に不快感をあたえないことが大切である。

無用の不快感をあたえられて、はたして、その後もその店で頻繁に買い物を

しようなどと思うだろうか。

 

消費離れの陰には、ごくごく基本的なことが隠れていそうな気がする。