男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

【MLB】マー君の不振の原因を、九星気学から読み解く。

ニューヨークヤンキース田中将大こと、マー君が、

謎の不振に陥っている、と報道されている。

 

news.yahoo.co.jp

 

日本でも、渡米後の米国でも、あれほど活躍してきたマー君に、

いったいなにが起こっているのだろうか。

 

かつて、このブログでは、千葉県での少女殺害事件に関連して、

九星気学の観点から方位の吉凶を論じる記事を書いた。

今回もおなじように、

九星気学の観点から、方位の吉凶を論じてみようとおもう。

 

マー君は、1988年11月1日にうまれた。

年の九星は、三碧木星である。

木星であるから、方位に関して言えば、

木星、水星、火星のめぐる方位は、彼にとって幸運な方位だ。

他方で、金星や土星のめぐる方位は、彼にとって不運な方位となる。

 

マー君は、2014年の1月に、ヤンキースと契約した。

そして、その年の2月上旬に渡米している。

 

年の九星は、だいたい、二月上旬の立春のあたりでかわる。

この切り替えによって、その年の吉方位、凶方位もまた、

切り替えがおきる。

 

マー君は、2014年の2月上旬に渡米している。

よって、マー君が渡米した方位の吉凶を判断するにあたっては、はたして、

2013年の方位の年盤をもちいるのか、それとも、

2014年の方位の年盤をもちいるのかが、問題となりうる。

 

しかしながら、実際には、それは問題ではなかった。

というのも、

2013年の年盤でも、2014年の年盤でも、いずれの年盤でも、

マー君の移動した方位は、悪い方位だったからだ。

 

日本から見て米国というのは、北東の方位にある。

メルカトル図法の世界地図では、米国は日本の東にあるようにみえる

かもしれないが、

距離と方位を正確に描き出す正距方位図法で描かれた世界地図をもちいれば、

米国が日本の北東にあることがわかる。

 

2013年は、北東の方位には、八白土星がめぐっていた。

2014年は、北東の方位には、七赤金星がめぐっていた。

マー君のうまれた年の九星である三碧木星にとっては、

八白土星も、七赤金星も、いずれも、よくない影響をもたらす方位である。

 

そして、方位というのは、実際にその方位にむけて移動してから、

方位の効果があらわれるまでに、

1、4、7、10の法則といわれる法則がある。

つまり、年の方位であれば、

その方位にむけて移動した年を1年目とすると、それから数えて

4年目、7年目、10年目に、

方位のおおきな効果がはっきりとあらわれる、ということだ。

 

マー君が渡米した2014年を1年目とすると、

2017年である今年は、ちょうど4年目にあたる。

そして、年盤の方位の効果は、およそ60年続くとされている。

それがかりに事実だとすれば、

マー君が米国で今後活躍できる可能性は、九星気学の観点からすれば、

きわめて低いものになるだろう。

 

マー君がプロデビューした2007年、その年を境にして、

マー君と、そのライバルであった斉藤佑樹は、対照的な運命を歩んできた。

いま、その斉藤佑樹が、徐々に復調しつつある。

運命にふく風の風向きが、変わり始めたのかもしれない。