男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

【総武線平井駅痴漢冤罪】暴行した女をしょっぴけよ。

総武線平井駅で起きた痴漢冤罪事件が、テレビのニュースに。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

が、ニュース報道で偏った報道したらあかんぞ。

痴漢騒ぎとか、痴漢を指摘された男性とか、頑として降りない、とか、

なめてんのか。

報道しなきゃいけない大切な部分は、

「乗客の多数が、その男性は痴漢をしていないと証言していた」

「その中国人の女は、騒ぎの前に男性に殴る蹴るの暴行をしていた」

という部分だろが。

なに、女性が納得して帰って行った、と丸く収まったかのような報道

してんだよ。

女が納得するかどうかなんて、どうでもいいんだよ。

なに、女が納得するかどうかがいちばん大事だ、みたいな間違った

報道してんだよ。

この女は犯罪者。暴行の現行犯だろが。

女をしょっぴけよ。

 

乗客の証言により無実が証明された、というのも、変な表現だな。

まるで、乗客の証言などで無実が証明されなきゃクロ、みたいな

誤った表現だよ。

ちがうだろ。

痴漢をしたかどうかが判然とせず、男性の言い分と女の言い分が

対立しているときは、状況は「灰色」だろ。

で、灰色のものをクロって言ってはいけないのは、

刑事裁判の大原則だよな。

疑わしきは罰せず、って、推定無罪の原則を習わなかったわけではあるまい。

それともなにか?

痴漢事件の時だけは、推定無罪の原則は排除されます、なんて、

そんなおかしな原則が、

刑事訴訟法の教科書には書いてあるんかな?

あんまりおかしなことは、しないようにしようや。

乗客の男性には、自分が無実であることの立証責任なんて、

科されていないんだよ。

証拠と事実をもとに、有罪であることを立証しなきゃいかんのは、

警察と女の側だろ。