男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

そもそもの原因を作ったやつが、いちばん悪い。

つぎのような事例をかんがえてみよう。

 

AがBの頭をこづいた。

それに対して、BがAの頭をこづいた。

それに対して、AがBのほっぺたをひっぱたいた。

それに対して、BがAの顔を殴った。

それに対して、AがBの腹を殴った。

それに対して、BがAの腰を蹴った。

それに対して、AがBを持っていた筆箱で殴った。

それに対して、BがAに黒板消しをぶつけた。

それに対して、AがBを強く押した。

それに対して、BがAをちりとりでたたいた。

それに対して、AがBにラリアットをかました。

それに対して、BがAを押し倒した。

それに対して、AがBをナイフで脅した。

それに対して、BがAにフライパンで応戦した。

それに対して、AがBの腕にナイフを突き刺した。

それに対して、BがAの肩をハンマーでたたいた。

 

さて、悪いのは、Aだろうか。それとも、Bだろうか。

 

AとBは、互いにやりあっている。

応戦するごとに、だんだん、2人ともエスカレートしていってることもわかる。

 

でも、そもそもの発端にさかのぼれば、

AがBをこづきさえしなければ、

この一連の応酬は、すべて、ゼロだったのである。なにもなかったのである。

その意味で、応酬のはじまりをつくったAの責任は重大だ。

 

物事の判断をする際には、このように、

その根本原因にまで、時間経過をさかのぼる必要がある。

時間経過をさかのぼって、その、そもそもの根本原因をつきとめる。

それが、理のありかただ。

理のありかたは、アルファベットRに似ている。

Rを発音するときには、舌をぐぐーっと喉の奥のほうへそりかえらせる。

同様に、

理というものも、原因はなにか、原因はなにか、と、

原初へ回帰していく、頭脳のはたらきなのだ。