男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

【小学校】おいしかったです、という、唱和。

自宅の近所に小学校がある。

先日、その小学校のまえを自転車で通りかかったら、

ちょうど、給食の時間が終わったころだったのだろうか、

児童たちが元気よく唱和する声がきこえてきた。

「ごちそうさまでした!おいしかったです!」

と、みんなが声をそろえて叫んでいたのだ。

 

小学校というところは、

児童がみんなで声をそろえてなにかを叫ぶのが好きなところである。

自分が小学生だったころにも、

授業が終わって下校するときには、

「先生、さようなら!みなさん、さようなら!」などと叫びながら、

先生のほうと、隣の席の子に向けておじぎをするのが通例だったし、

朝の朝礼で校長先生があいさつするときなども、

全校児童がいっせいに、

「おはようございます!」なんて叫んでいたように思う。

 

あいさつは、大切なものだ。

それは、礼儀と道徳を身につけさせてくれる。

給食の時間が終わって、「ごちそうさまでした!」とあいさつするのも、

食べ物をあたえてくれた命とか、食料を生産してくれた農家のかたとか、

調理してくれた給食のおばさんとか、

いろんなひとや生き物への感謝がもとになっているものだろうと思う。

 

ただ、ひとつ気になるのは、

「おいしかったです!」という部分だ。

 

おいしいかどうかというのは、ひとによってちがう。

あるひとは、味噌ラーメンがすごく好きかもしれないが、

べつのひとは、しょうゆラーメンのほうが好きかもしれない。

あるひとは、カキフライに目がないかもしれないが、

べつのひとは、牡蠣は生臭いからいやだ、と思っているかもしれない。

美味しいと感じるかどうかには、そのひとの嗜好が反映される。

そして、さらにいえば、

調理員がどんなに精魂込めて調理したとしても、

それでも児童が美味しいとは思わない、ということは、

ありうることである。

がんばって調理すればかならず児童は美味しいと思うようになる、

というわけでもないのだ。

児童にだって、好き嫌いはある。

食べることは食べるけれども、さほど美味しいとは思っていない、

という児童も、なかにはいるかもしれない。

 

にもかかわらず、全員が一斉に「おいしかったです!」と唱和するのは、

どうなんだろう。

ごちそうさまでした、は、たしかに、全員が言ってなんの問題もない。

が、美味しかったです、という部分は、全員で統一することには、

なじまないような気がする。

 

そんな細かいこと気にするな、空気をよんで、美味しかったです、

って言っておけばいいんだよ、って言うひともいるかもしれない。

むしろ、そちらのほうが、この社会ではふつうのことなんだろう。

でも、理に合わないことを空気をよんで実行するというのなら、

いったい、空気をよむって、なんなんだかなあ、という気もする。

それに、あいさつというのが、相手や他者に対する思い、感謝、礼儀

といったものを、そもそもの基盤としていることを考えれば、

実をともなわない「おいしかったです!」のような掛け声は、

かえって、内実をともなったあいさつというものを形骸化させていく

懸念もあるような気がする。

 

と、かたい話をのべてきたが、一般的にいって、

給食はおいしく、給食の時間は概して待ち遠しく楽しい時間であることには

相違ない。

ほとんどの児童にとっては、

「おいしかったです!」という発言は、たぶん、

心からのものだろうと思う。