男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

不妊の原因は、男性か、女性か。

不妊の原因には、いろいろある。

男性側に原因があるものを男性不妊

女性側に原因があるものを女性不妊

などと呼んで区別するそうだ。

 

人間には、男性と女性がいる。

人間の半分は男性、半分は女性である。

すると、直観的に、なんとなく、

不妊の原因の半数は男性に原因があって、

半数は女性に原因がある、と、なんとなくだが、思ってしまいそうだ。

 

しかし、大切なのは、

理に基づいて判断し、状況をきちんと明らかにすること。

ほんとうに、不妊の原因は、

男性と女性で、きれいに半々に分かれているのだろうか?

男性不妊、女性不妊

どちらかのほうが原因としては多い、ということは、

本当にないのだろうか?

 

こういったことを、

実際に不妊になったひとを調査したうえで、

その客観的なデータに基づいて明らかにし、追究すること。

それが大切なことではないか。