男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

女性はなぜ髪の毛をのばすのか。

女性はなぜ髪の毛をのばすのだろう。

そして、男性はなぜ髪の毛を短く切りそろえるのだろう。

 

世界のほとんどの地域で、一般的に、

女性の髪の毛は長く、男性の髪の毛は短い。

これについてネットで調べると、

そうしたほうが女性は美しくみえるから、とか、

文化的な要因とか、いろいろ回答があっておもしろかった。

 

自分は、このことについても、

この世界の不思議に関連付けて、独自説をたてようと思う。

 

この世界のはじまりに、矛盾という女性がいた。

その女性がはじめて産んだ男の子が理で、

2番目に産んだ女の子が生だ。

 

この世界生成の原理は、具体的な現象でなぞられる。

たとえば1日は、

はじめに夜の暗闇の黒があって、

朝日がのぼると太陽の光の白がみちあふれ、

夕方になると夕焼けの赤にあたりはそまる。

人間の出産のときでいえば、

まず髪の毛があらわれ、

つぎに頭があらわれ、

最後に胴体があらわれる。

 

つまり、髪の毛というのは、

世界のはじまりに存在した、矛盾という女性をあらわすものであって、

つまりは、女性なのだ。

だから女性は、女性である髪の毛をいとおしむかのように、

長くのばすのではないだろうか。

 

では、男性はなぜ、髪の毛をみじかく切りそろえるのだろう。

 

世界のはじまりに矛盾という女性がいて、

その女性が、はじめての子となる男の子である理を産んだ。

これは、無性生殖である。

うまれた理という男の子は、拡散していき、やがて原初に回帰して、

自分を産んだ母である矛盾という女性とまじわろうとした。

はじめての有性生殖である。

暗闇に光をともすと、そこにあった暗闇は殺される。

この、はじめてうまれた子である理と、その理をうんだ女性である矛盾の

まじわりは、

矛盾にとってはみずからの死を、

理にとっては自分の母の殺害を、

意味するほど、深刻で悲劇的なものだったのではないだろうか。

今日でもそうだろう。

男女はセックスをする。セックスをして、子供をつくる。

これが有性生殖である。

この有性生殖のうち、はじめての有性生殖のとき、

つまり、最初のセックスのとき、

そのときだけ、女性には、破瓜という特別の苦しみがあたえられ、

出血がともなう。

これはもしかしたら、

はるかな昔におこなわれた、はじまりの女性である矛盾と、

その子である男の子の理の、はじめての有性生殖が、

けっこう悲劇的なものであったことに由来するのではないか。

 

つまり男の子というのは、世界生成の原理の中で、

はじまりの母という女性と交わるさいに、その女性を殺害してしまうのである。

だから今日でも男性は、

はじまりの女性をあらわす髪の毛を、

ハサミでカットして切り殺してしまうのではないだろうか。