男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

シンプルなダイエットー3。

シンプルなダイエットに関連して、

ほかに思いつくことを書いてみよう。

 

ダイエットは、基本的には、食事をへらすことをメインにした

ほうがいい。

ダイエットでは、運動と食事制限が2本柱として強調されることが

多いが、

運動によって消費カロリーを減らすのは、とてもたいへんだ。

そして、たとえば、

水泳などでとてもたくさん運動して、それでおなかがすいて、

帰りに牛丼でも食べてしまったのでは、

なにをしているこっちゃわからない。

さらには、運動するにも、時間、労力、費用が発生することがおおい。

水泳だったら、泳ぐ時間、移動時間、交通費、プールの利用料などが

発生する。

だったら、最初から食事をへらして、

摂取カロリーをおさえるほうが、簡単でラクである。

 

ほかには、ダイエットのためのシェイクや飲料、

ダイエットのためのクッキーや雑炊、といったものも販売されて

いるが、

概して、こういったダイエット目的に特化した食品や飲料というのは、

ふつうの食品や飲料とくらべて、値段が高いのだ。

だったらふつうに、

いつも食べている食べ物の、量をすこし減らすだけで対応できる

のではないだろうか。

ご飯を大盛りにしない、おかわりをしない、

いつもお茶碗1杯のご飯を食べているのなら、それを半分にする。

ラーメンのスープは残す。

おなかが苦しくなるまで食べない。

そういったことを実行するだけで、とくに、

ダイエット用の食品などを買わなくても、うまくやっていけるだろう。

 

ひとつの具体例としては、

朝は野菜ジュースのみ、昼はふつうに食べる、

晩はとくに炭水化物をへらし、全体の量も少なめにする、

というくらいでいいのではないだろうか。

 

ダイエットはとにかく、長続きすることがたいせつだ。

ゆっくりだけど確実に体重が落ちていくということ、そして、

後戻りしないということが大事なのである。

そのためには、

タスクがしんどかったり、複雑であったりしないほうがいい。

タスクはラクにできるもので、簡単であったほうがいいのだ。