男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

男性の価値と、女性の価値。

理が精神にあらわれたものが、頭脳の優秀さ、つまり、かしこさである。

理が肉体にあらわれたものが、外面の美しさ、つまり、美貌である。

 

男性の価値は、基本的には、かしこい、というところにある。

かしこければ男性は、高収入を得る可能性が高くなり、

社会でいい地位を得る可能性も高くなる。

 

女性の価値は、基本的には、美しい、というところにある。

美しければ、有力な男性に見初められる可能性が高くなり、

幸福な結婚生活をおくる可能性も高くなる。

 

かしこくはない男性、美しくはない女性は、いずれも、

物悲しいものだ。

男性には男性の価値、女性には女性の価値があって、

逆にすると、こっけいになる。

とても外見がよいホストとか、

とても頭脳が優秀で東大に行くような女とかは、

かならずしも、世間から羨望のまなざしでは、見られまい。

 

眞子様と小室圭さんが結婚のご予定である、と、

昨日からさかんに報道されている。

このお2人は、はたして、

男性の価値、女性の価値を、理想的な形で有しておられるだろうか。