男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

人体方位7-巽為風と、鼻の向き。

人間の体のなかには、いつもぴゅーぴゅーと

風の吹いているところがある。

それは、鼻のある場所だ。

鼻は、空気を吸い込んだり、吐き出したりしているから、

いつも、風が吹いているかのようだ。

 

人間の鼻っていうのは、顔にただ穴があいているだけではない。

かといって、ゾウの鼻のように、

たれさがって真下を向いているわけでもない。

人間の鼻は、ある角度をもって、顔面からつきでている。

 

その鼻の先っぽは、人体方位における南東をさしているようにみえる。

頭の方向が西、足の方向が東、背中の方向が北、

目が見つめている方向が南だったから、

鼻が指し示す方向っていうのは、考えてみたら、

南東のようにみえるんだよね。

 

南東というのは、八卦でいうと、巽為風。

風をあらわす方位だ。

そして、鼻の先っぽは南東を指していて、

その鼻のあたりでは、風が吹いているかのように空気の

出入りがある。

これって、なんだか関係がありそうな気がするよ。