読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

【痴漢冤罪】線路に男性が降りるのも、当然である。

痴漢を疑われた男性が線路に降りるという事件が、また発生した。

headlines.yahoo.co.jp

男が線路に逃走、とか書いてるけど、男性だろ。

ここを男と呼称するなら、

同様の他の事件が発生した場合に、それを引き起こした人間が

女性であったとしても、女と呼称しなければならないぞ。

それが、公平、公正の観点からの帰結だ。

 

このような事件が発生する根本原因はあきらかだ。

痴漢を疑われた男性に対して、

鉄道会社、警察が、不当な対応をするからである。

そこをたださずして、

やれ、線路に降りたために何万人に影響が出ただの、

電車が遅延しただの言っても、

なんの問題解決にもならんだろうが。

 

昔のひとは、よく言ったものである。

自分が間違ったことをしていないのならば、堂々としていればいい、

と。

痴漢をしていない男性が、

自分は間違ったことをしていないのだから、と、

堂々と駅長室に行けば、どうなるだろう。

たぶん、痴漢に仕立て上げられるだろう。

これを不正義と言わずして、なにを不正義と言うのか。

 

痴漢の問題があれば、痴漢冤罪の問題がある。

女性が迷惑をこうむることもあれば、

男性が迷惑をこうむることもある。

女性の迷惑は解決しなければならないが、

男性の迷惑などほうっておけばいい、という姿勢は、

あきらかに一方に偏したものであって、正義に反する。

にもかかわらず鉄道会社は往々にして、

「痴漢は犯罪です」と書かれたポスターのみを、

駅構内に掲出したりするのだ。

なぜ、痴漢冤罪の問題に関しては、沈黙を決め込むのだろう。