読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

ブームの去った断捨離。

断捨離、というのが、かつてブームになった。

簡単にいえば、ものをどんどん捨てましょう、という運動である。

関連書籍もたくさん出版され、

メディアにもおおくとりあげられた。

 

そして現在。

断捨離のブームは、過ぎ去った感がある。

 

断捨離は、ものをどんどん捨てましょう、

いらないものを持たない暮らしにしましょう、そうすれば、

不要なものも買わなくなります、と主張する。

一見したところ、嫌消費の流れをくむものなのかな、と思えるが、

じつは、消費主義がかくれている。

 

企業としては、ものをどんどん買ってもらいたい。

消費者がものをため込むようになると、あたらしい商品が売れないので、

企業としては困るわけだ。

消費者がものをどんどん捨てるようになれば、

企業としては、渡りに船、である。

捨ててものがなくなったら、消費者はものを買わない生活に移行するか、

といえば、もちろん、そういうひともいるだろうが、

気がかわるひともいるだろう。

気がかわったひとは、どうするかといえば、

ものは捨ててしまって、もうないので、

あたらしく商品を買うしかなくなるのだ。

 

お金持ちになるためには、いろんな方法があるだろうが、

そのひとつの方法に、

ものを大切にして、不要なものを買わない、というのがある。

ものを買っては捨て、買っては捨て、を繰り返していたら、

お金が目減りするだけで、

お金持ちになる道からはほど遠い。

 

不要なものを買わない、これは、

お金持ちになるために大切なことである。

しかし他方で、ものを捨てましょう、というのは、間違っている。

必要なもの、あるいは、将来必要になるかもしれないもの、

これは、とっておく必要がある。

そうすることで、将来、お金が出ることを防げるのだ。

 

不要なものを買わずに、ものは捨てましょう、ではなくて、

不要なものは買わない一方で、必要なものはとっておきましょう、

というのが、正しいあり方ではないだろうか。

 

ものを捨てることで新たないい運気が入ってくる、

なんてことをいうひともいるが、

いくぶん、スピリチュアルな感じがして、

本当なのか、という疑念がわく。

 

ものをどんどん捨ててしまって家の中にほとんど物がない暮らし、と、

家の中に物が散乱してゴミ屋敷のようになっている暮らし、の、

2つしか選択肢がない、と考えるのは、極端な考え方だ。

不要なものはほとんどないけれど、必要なものはそれなりにそろっている、

という、中庸の暮らしのありかたも、あるのではないだろうか。