読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

【論語】40歳50歳になっても頭角をあらわさないならば。

孔子の言行録といわれる書物に、論語がある。

その論語の中で孔子は、

「40歳、50歳になっても頭角をあらわしたり、

 いい評判がきこえてきたりしないようならば、

 そのような人物はおそれるにたりない」

と、きびしくこきおろしている。

 

が、これを現代にあてはめて考えるときには、

古代と現代の、平均寿命のちがいにも注意しないといけないだろう。

統計資料によると、

孔子の生きていたような古代には、

ひとびとの平均寿命は30歳にも満たなかったようである。

であるならば、

おそれるにたりないと孔子がいっている、

40歳、50歳になっても頭角をあらわさない人間というのは、

現代でいえば、すくなくとも、

60歳、70歳になっても頭角をあらわさない人間、

ということになるのではないだろうか。

 

つまり、孔子のこの発言を現代にひきなおして考えれば、

「60歳、70歳になっても、いまだ頭角をあらわさないような

 人間は、おそれるにたりない」

ということになりそうだ。