男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

太公望と、まっすぐな針。

太公望については、いろんな伝説がある。

そのひとつが、まっすぐな針で釣りをしていた、というものだ。

 

ふつう、釣りをするときには、かえしのある針をつかう。

でなければ、魚がえさに食いついても、逃げられてしまうからだ。

でも、太公望の釣りは、独特だった。

その釣り針には、かえしがなく、まっすぐ。

なおかつ、その釣り針は、水中にはいっておらず、

水面まですこしのところの空中にたれていた。

 

これを、どう解釈したらいいだろう。

ああ、太公望ってバカだねー。釣りの仕方もわからないんだね。

そんなふうに感じるひともいるだろう。

 

自分は、こんなふうに考えてみた。

釣りというのは、ふつう、魚をとらえるためにおこなう。

魚をとらえるというのは、自分が利益をえる、プラスを手に入れる、

ということだ。

太公望のまっすぐな針では、それができない。

つまり、太公望の行為は、利益をえることをねらったものではなく、

利益をえるという目的からは、距離を置いていることがわかる。

ふつう、人間は、利益をえたいものだ。

利益をえるために行動することが多いのである。

しかし、太公望は、利益なんかいらないよ、という姿勢を、

はっきりとしめしているのだ。

太公望のまっすぐな針は、魚をねらったものではない。

では、その針は、いったいなにをねらっているのだろう。

 

まっすぐな針は、なにを突き刺そうとしているのだろうか。

 

それは、水そのものだ。

太公望は、水を攻撃しようとしているのである。

水なんか、どうやって攻撃するの。

水なんか攻撃して、意味あるの。

ふつうは、そう思うだろう。

が、たぶん、太公望の目には、実際に存在する水という物質の背後に、

水が象徴するなにかの原理が見えていたのだ。

そして太公望は、その、水が象徴する原理は邪悪だとかんがえた。

だから、まっすぐな針で、水を威圧しているのである。

 

では、なぜ、針を水中に入れないのであろう。

 

それはたぶん、ON(接触)というのを警戒しているからだ。

自分のブログのべつの記事で、こんなことを書いた。

人間の三大欲求には、すべて、ON(接触)が関係している、と。

また、女性という英単語は、MANにWOをつけることで成り立ち、

現在の世界でファイブアイズと言われている5か国の首都の名前の

ほとんどに、W、O、ONがはいっている、と。

この世界には、ON、つまり、接触し接触させることで力をえる原理がある。

太公望の原理は、それとは異なる原理なんだ。

だからあえて接触を避け、

針を水中には入れていないのではないだろうか。