男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

エヴァンゲリオン(TV版)のオープニング。

1990年代半ばに放映された、TV版の新世紀エヴァンゲリオン

そのオープニングは、カラオケで歌われることのおおい、

残酷な天使のテーゼ」がテーマソングになっている。

 

その音楽とともにあらわれる映像、とくに、その最初の部分は、

とても特徴的だ。

はじめに、真っ暗な闇があって、

その中心部分にぽつっと白い光がともる。

と、見る間にその白い光は同心円状に広がっていき、

その後、画面は赤色になる。

 

これって、世界のはじまりに似てるよね。

世界のはじまりは、黒(矛盾)。

その矛盾が、はじめてとなる自分の子供である理(白)を産む

(無性生殖)。

その理は、はるかかなたへと拡散していき、

ついには原初の母のもとへもどってきて、母とまじわる

有性生殖)。

すると、2番目の子供である生(赤)がうまれる。

ちなみに、作品中でセカンドチルドレン(2番目の子供)である

アスカのコスチュームは、赤だよね。

 

エヴァンゲリオンの監督であった庵野秀明氏は、

なにかのインタビューで、

自分はとくに知識があるわけではなく、作品で描かれた内容は

衒学的なものだ、と語っているが、

本当にそうかな。

なにか、この世界の秘密のようなものを知っていて、

衒学的と回答したのは、一種の韜晦であるような気もするが、

どうなんだろうね。

 

庵野作品にかぎらず、日本のアニメって、意外と深いよね。

千と千尋の神隠しとか、レイアースとかも。