読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

フランス大統領選挙ーEUは安堵できない。

フランス大統領選挙は開票の結果、マクロン候補とルペン候補が

決選投票にすすむことになった。

世論調査によると、決選投票ではマクロン候補が圧勝する可能性がたかく、

親EUであるマクロン候補が大統領になることで、

EUは安定化に向かうとの観測がある。

 

本当にそうだろうか。

今回の選挙では、各候補の得票率が、

マクロン候補 24%

ルペン候補 22%

フィヨン候補 19%

メランション候補 19%

となっている。

このうち、ルペン候補とメランション候補は、

反EUであるか、EUに懐疑的だ。

得票率をみると、フランス国民のおよそ半数は、

EUに懐疑的な候補に票を投じたことがわかる。

たとえ、親EUである候補がフランス大統領になったところで、

フランス国民のあいだにくすぶる反EUの声を完全に消し去ることは、

むずかしいのではないだろうか。

 

そして、今回の選挙結果は、またしても僅差であった。

またしても、というのは、ここ最近、世界のさまざまな選挙で、

僅差での決着が顕著に増加しているからだ。

英国のEU離脱をめぐる国民投票も、

トランプ氏を選出したアメリカ大統領選挙も、

僅差での決着だった。

今回のフランス大統領選挙も、

4候補がほぼ横一線にならんだ。