男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

男性が線路に降りるのは、当然のことだ。

痴漢をうたがわれた男性が線路に降りて立ち去る事件が

あいついでいるらしい。

今朝の毎日新聞の記事では、

そういった行為が電車を止めるなどの迷惑になったり、

事故の危険性があったり、

損害賠償をされる懸念もあったりなどと、否定的に報じている。

 

世の中のさまざまなことには、原因がある。

問題を検討するさいには、その原因はなにか、

根本となっている原因は何か、と、

つねに、さかのぼってさかのぼって考える姿勢が、

とても大切なことだ。

 

男性が線路に降りるという事例が多発するのは、

痴漢をうたがわれた男性に対する鉄道会社や警察の対応が不当な

ものだからである。

その根本原因をたださずして、

線路におりた男性だけを一方的に非難したところで、

問題の解決にはほど遠い。

 

痴漢被疑事件があれば、

女性の意見も、男性の意見も、公平にきくこと。

女の言い分だけを一方的にきくことが、どれだけ不当なことか。

そして、推定無罪の原則を貫徹することである。

女をこれ以上、調子にのらせてはいけない。