この世界の不思議

この世界のいろんなことについて、思ったことを書いていきます。

芥川龍之介の「羅生門」の、なぜ。

羅生門という作品は、高校の国語の教科書にかならずといって

いいほど、とりあげられる作品だ。

この作品の「なぞ」について、自分の思うところを書いてみよう。

 

◇ なぜ、「羅城門」ではなく「羅生門」になったのか。

→人間が生きていくためには、かならず、食べるということをしなければ

 いけない。ほかのことはしなくてもね。

 食べるというのは、自分が生きるために他者の命を犠牲にするということ。

 この、自分が生きるために他者を犠牲にする、というのが、

 生の本質。それは、修羅にも通じるもの。

 羅生門の全編をつうじて、悪とは何かということが中心テーマになって

 いるが、この悪というものも、生の本質と深いかかわりがある。

 自分とは異なる他者を認めるというのが理の本質であるとするならば、

 その理に対置されるような、

 他者を犠牲にしてでもこの自分は生きるというのが、生の本質。

 前者が善であるならば、後者はすなわち、悪。

 羅生門に登場する主人公である下人は、この悪の世界、生の世界、

 修羅の世界へ足を踏み入れるかどうかで逡巡している。

 その舞台となった羅生門という門は、いわば、そんな生の世界への関門。

 ゆえに、羅城門ではなく、羅生門

 

◇ 丹が塗ってあって赤い羅生門を、なぜ物語の舞台にしたのか。

→ 夜の暗闇があって、朝、太陽がのぼると白い光が満ちあふれ、

  夕方には赤い夕焼けに染まる。

  黒→白→赤の順番で、推移する。

  人が生まれてくるときは、ふつう、まず髪の毛があらわれ、

  つぎに頭があらわれ、最後に胴体があらわれる。

  これは、この世界のはじまりにおいて、

  矛盾→理→生の順番で世界が誕生したという、その原理を、

  具体的な現象で現在もなお、なぞっているからだ。

  「生」をあらわす色は、赤。

  よって、羅生門の色は、赤。

 

◇ なぜ、下人の「右」の頬には、「赤い」にきびがあったのか。

→右は理の原理、左は生の原理を、それぞれあらわす。

 英語でも、右はRIGHT、理はREASONで、ともにRではじまるが、

 左はLEFT、生はLIFEで、ともにLではじまる。

 古代ローマ以来、西欧では左を邪悪とみなす伝統があるが、それは、

 左が生の原理、すなわち、悪に通じるからである。

 右という理をあらわす領域である下人の右の頬にできた、

 赤という生をあらわす色をおびたにきびは、

 下人の中において、当然と思っていた理のなかに、生による反乱が

 起ころうとしている、その萌芽が生まれていることをしめす。

 実際、下人は逡巡ののち、理をかなぐり捨て、生という悪の道にはいる

 決心をする。

 

◇ 老婆はなぜ、髪の毛を抜いていたのか。

→ 老婆が悪いことをしていた、ということを描写するだけなら、

  死体から金品を盗んでいた、などでもよかったはず。

  なぜ、髪の毛を抜くという特異な状況を設定したのかといえば、

  人間の髪の毛は、矛盾という原理をあらわすものだからだ。

  さきほど、黒→白→赤という順番で推移すると書いたが、

  赤はしばしばこの世界で、黒へと変化する。

  赤い夕焼けの後には、黒い夜空がひろがる。

  赤い炭火は、燃え尽きれば黒い炭になる。

  赤い血潮は、空気中で凝固すれば、くろっぽいかたまりになる。

  赤い肉は、腐ったり、うんこになったりすれば、やはり、

  黒いかたまりになる。

  太古の昔からつづく赤は、しばしば、黒へと変化する。

  これは、赤という生の原理は、矛盾という原理へと変化することを示す。

  この老婆は、

  自分のためであれば他者を犠牲にするという原理を、生の原理を、

  悪の原理を、選択した者の、なれの果ての姿なのだ。

  この世界のはじまりにおいて、矛盾という母がいた。

  その母が、はじめてとなる自分の子供を出産する。男の子だ。

  その生まれたばかりの男の子と、その男の子を産んだ母が、まじわる。

  すると、2番目の子供がうまれる。女の子だ。

  最初に生まれた男の子が、理。 

  2番目に生まれた女の子が、生。

  その2番目に生まれた女の子、生は、変化して、はじまりの母、

  つまり矛盾へと、姿をかえる。

  女性はこの誕生の物語のなかで、2人あらわれる。

  黒の女性と、赤の女性だ。

  黒の女性は矛盾という原理をあらわし、年老いている。

  赤の女性は生という原理をあらわし、若い。

  悪という原理、生という原理を選択したものは、やがて、

  みずからが矛盾という原理、苦しみの原理へと変化することを

  知ることになる。

  悪という原理、生という原理が変化したなれの果てが、矛盾という原理

  、苦しみという原理であることを示すためにも、この場面は、

  老婆でなくてはならなかったし、髪の毛でなくてはならなかったのだ。

  そして、この老婆の姿は、悪の道、生の道をえらんだ下人のその後の

  運命でもある。

  だから、物語の後半、下人が盗みを終えたあとに、

  こういう表現があるよね。

  あとにはただ黒洞洞たる闇があるだけだった、って。

  黒という色がどんな原理を意味する色かは、

  重ねていうまでもないだろう。

 

◇ 下人はなぜ、老婆の行動を善悪いずれのものとも決定しがたかった

  のか。

 →老婆のあらわす原理は、「矛盾」であるから。

  善であるとも、悪であるともいえないのだ。

 

◇ 下人が老婆のまえにふりかざした「白い」太刀の効果は。

→白は、理という原理をあらわす色である。

 このとき下人は、老婆から金品を奪い取るためではなく、

 なにが正しくてなにが間違っているのかという理の観点から、

 老婆に対峙しようとしているのだ。

 

◇ 善悪いずれのものとも決定しがたかった老婆の行為を、

  下人はなぜ、悪と断定したのか。

  →下人の心がそのとき、理の心であったからだ。

   矛盾はただそのままあれば、矛盾のままである。

   しかし、矛盾は理の光に照らされると、滅ぼされなければ

   ならないものとなる。

   暗闇でマッチをすると光が生まれ、そこにあった闇は

   殺される。

   黄泉の国にいたイザナミ、あんなに美しかったイザナミは、

   イザナギが灯を照らした瞬間、ただの醜い死体にしかすぎなく

   なってしまった。

   数学で使う背理法というのは、矛盾が生じれば、

   それはありえないことだ、とする。

   理というのは、矛盾を認めることができない。

   はじめて生まれた男の子が、この世界のはじまりの母を

   傷つけたようにね。

   発酵してできるお酒の良さがわかるのは、その子がもっと

   成長してからだ。

 

◇ 羅生門は、なぜ場面設定が夕暮れ時なのか。

 →この世界の生成の順番は、

  矛盾→理→生で、人間の体でいえば、

  髪の毛→頭→胴体(生殖器)。

  時間でいえば、

  夜の闇→日中の光→夕暮れ時の夕焼けで、

  色でいえば、

  黒→白→赤。

  下人が悪の道、生の道を選択し、その後、苦しみをむかえることに

  なる、という状況だから、

  生をあらわす夕方から、矛盾や苦しみをあらわす夜にかけての

  時間帯がえらばれた。

 

◇ なぜ芥川龍之介羅生門は、高校国語の定番になっているのか。

 →その理由は定かではないが、この羅生門という作品は、

  ふつうの作品ではないことはたしかだ。

  この作品はふつうの人間では見抜けないような、

  この世界の隠れた原理についてとりあつかっている。

  高校の国語の先生などは、この作品のテーマは人間の

  エゴイズムだ、なんていうかもしれないが、

  まあ、それが、普通の平凡な理解の限界でもある。

  が、この作品は、そんなレベルでとどまるものではない。

  そこに描かれた世界というのは、

  ふつうの人間が知ると狂ってしまうこともありうる

  異常な世界だ。

  そのような世界を見る「目」をもった人間が、

  ここ日本においても、その他の国においても、

  そう頻繁に誕生するものではないことは、たしかだろう。