この世界の不思議

この世界のいろんなことについて、思ったことを書いていきます。

透明感のある清純な美しさ。

以前は風俗や個室ビデオに行っていたが、

最近ではあまり行かなくなった。

お金がもったいないのと、病気がこわくなったからだ。

 

ネットでエロ画像を見れば満足できるだろう。

そう考えた。

 

しかし、ネットのエロ画像は、なかなか満足いくものに出会えない。

ブサイクな面の女。

薄汚い裸の画像。

これを大量に見ていくと、なんだか、

腐りかけの肉でつくったジャンクフードを大量に食べさせられて

いるような不快感をおぼえる。

 

その点、乃木坂46の美しさは別格だ。

なんというか、品のある、透明感のある清純な美しさがある。

実際に彼女たちがビッチであるかどうかは、どうでもいいことだ。

すくなくとも、画面上にビッチ臭がただよっていなければ、それでいい。

 

乃木坂46は、エロ画像とはちがって、裸ではない。

でも、なんだかそれでもいいような気がしてきた。

顔が可愛ければ、べつに裸でなくたって、いいや。

自分にとっては、裸であることよりも、

顔が可愛いというのが、絶対ゆずれない条件なのだ。

体より、顔だ。