男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

矛と盾。

詰将棋をたまに解くことがある。

詰将棋を知らないひとが、たまに、

「相手が自分の考えている手と違う手を指してきたらどうするの?」

と聞いてくることがある。

 

詰将棋というのは、早い話が、場合分けだ。

相手の応手というのは、すべて読み込まれている。

詰将棋での正解というのは、相手がどのような手で応じても

かならず詰むようになっている。

 

詰将棋を解くときというのは、考えられる手がたくさんあって、

茫漠としている。

詰将棋というのを、

解こうとする自分の側と、解かれまいとする相手の側の戦争

だとしてみよう。

相手側は、こんなにたくさん手があるのだから、

まさか、正解にはたどり着けないだろう、と考える。

実際、その多数の候補手のなかでさまよい、正解をみつけられなかった

ならば、こちらの負けだ。

 

正解は、たった1本の細い糸のようなものだ。

それを、頭脳を使って探り出していく。

そうして、もし正解にたどりつけたなら。

 

その効力は絶対的だ。

相手は、いかに抵抗しても、もはや詰みを逃れることはできない。

 

詰将棋は、男性が比較的このむ。

女性は、あんまりこのまないようだ。