読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

モンゴル帰れ、という相撲ヤジ。

さきの大阪場所で、横綱稀勢の里が優勝した。

優勝を決めた一戦は照ノ富士との戦いだったが、その戦いの最中に、

タイトルのようなヤジがとんだという。

 

モンゴル帰れとか、朝鮮に帰れとか、そういった

母国に帰れというような発言は、ヘイトスピーチであるとの

立場を、政府はとっているらしい。

 

たしかに、こういった発言は、その国の出身であるひとを

傷つけもするし、

そういった発言が社会に蔓延するのを放置すれば、

排外主義的な風潮が広がることにもなりかねない。

 

しかし、こういった発言をする「気持ちじたい」は、

わからなくもないところがある。

たとえば、WBCやサッカーW杯のような国際大会、

あるいはオリンピックといった場では、たいていの日本人は、

日本選手の応援をするだろう。

自分の出身国と出身国選手にはみな、愛着、思い入れがあるものなのだ。

だとすれば、そういった国際大会の場で出身国選手の応援を

するのはかまわないが、相撲の場では出身国選手の応援をしては

ならない、というのは、心情的には、

どうも腑に落ちない規制のような気がする。

 

相撲の場で出身国選手のひいきをしないようにしよう、というのは、

「自国選手に肩入れするのは自然な気持ちの発露ではあるが、

諸般の事情を考慮すると、

そういった自然な気持ちを自然な気持ちのまま表現するのは

差し控えたほうがいい」ということなのだろう。

 

こういった、自然な気持ちはあったとしても、それをそのまま

表現しないほうがいい、とされる事例は、ほかにもある。

 

たとえば、街を歩いていたり、電車に乗っていたりすると、

たまに、顔中にできものができたひととか、

首が妙な方向に曲がっているひととか、

電車の車内で1人で車掌のまねをしてアナウンスを独り言で

つぶやいているひととか、

目の端が妙につりあがっているひととかに、出会うことがある。

こういった場合、

「気持ち悪い」と感じてしまうその気持ちじたいは、

はたして、責められるようなものなのだろうか。

たしかに、その気持ちをそのまま相手にぶつけて、

たとえば「きもっ」とか声に出してしまうのならば、

それは相手を傷つけることにもなるだろう。

しかし、気持ち悪い、と感じてしまう自分の心じたいを、

自分で内罰的に責める必要はあるのだろうか。

 

24時間テレビとかでは、障害者をとりあげたコーナーを毎年

やっている。

そういった番組をみるなどして、

障害があったとしても素晴らしいんだ、と感じるひとも、

もちろんいるだろう。

しかし、そうは感じないひともいるかもしれない。

このとき、

障害者を素晴らしいと感じる気持ちだけが正しい気持ちで、

そうは感じない気持ちは間違った気持ちだ、と言われたら、

どう思うだろう。

 

ひとの気持ちは、さまざまだ。

そのさまざまであることは、内心にとどまっているかぎり、

果てしなく自由なのだ。

行動したり、外界に表現したりすれば、人を傷つけることもあるだろう。

しかし、子供がとっさに示す反応のような、自然な気持ちは、

だれの心の中にもあるものだ。