男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

新聞離れ、CD離れというけれど。

新聞をとる人が減っていて、新聞離れということがいわれたりする。

CDを購入するひとが減っていて、CD離れということも、

いわれたりする。

活字のニュースをみんな読まなくなったからだ、とか、

音楽を聴かないひとが増えているからだ、とか、

原因がいろいろいわれているけれど、

原因は、はっきりしている。

 

インターネットの登場だ。

ニュースなんかは、ヤフーニュースのヘッドラインで概略を知る

ことができる。

そのほうが、速報性もある。

テレビ番組欄も、ネットでチェックできる。

全国のスーパーのチラシをあつめたサイトもある。

新聞を必要としなくなりつつあるのだ。

音楽もそうだ。

Youtubeで好きな時に好きな音楽を好きなだけ視聴できる。

CDには動画はついていないが、Youtubeにはある。

 

なによりも大きいのは、お金の問題だ。

みんなが貧乏になったから、新聞をとらなくなったり、

CDを買わなくなったりしたわけでは、かならずしもない。

お金の使いみちがかわったのだ。

昔は、新聞代に月4000円、CD代に月2000円、などと

お金を出していた。

いまは、パソコンのネットに月4000円、スマホに月6000円、

などと使っているのである。

新聞やCDにはお金を使わなくなったが、パソコンやスマホには

お金を使うようになったのだから、

帳尻は合っているのだ。

これがもし、パソコンやスマホにお金を使い、

さらにそのうえ、新聞やCDにも以前と同じようにお金を使う、

となると、財布がパンクしてしまうかもしれない。

 

お金を使わなくなったわけではないのだ。

使いみちがかわっただけなのである。