男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

稀勢の里、2場所連続優勝。

稀勢の里が、2場所連続優勝を達成した。

1場所しか優勝していない段階で、彼を横綱にすることには異論もあったが、

今回の結果をみれば、だれも文句はつけられないだろう。

文句なしの横綱相撲だった。

 

テレビで観戦していて、心がじーんとなった。

出場しようというだけでもすごいことで、まさか、2戦連続して勝って

優勝するとは思っていなかった。

彼の精神力は、途方もないものがある。

 

ノーベル賞の受賞会見などでは、なぜか、

妻が横からしゃしゃりでてくることがある。

あたかも、受賞できたのは妻の内助の功があったからだ、

とでも言わんかのように。

しかし、稀勢の里は独身だ。

今回の偉業に、女性の助力はいっさいはたらいていない。

自分自身の力で勝ち取ったものだ。

女性の偉大さとやらと関連付けようとしても、できるものではない。

 

思えば、日本人横綱が姿を消したのは、2003年のことだった。

あれから、14年がたつ。

また、新横綱が優勝で飾ったのは、1995年が最後だった。

あれから、22年がたつ。

この20年ほどという時代は、どこか世相もおかしなところがあった。

稀勢の里の優勝によって、

あらたな時代、まともな時代が、ようやく始まったという感じがしている。

 

稀勢の里が怪我をした段階では、今場所の優勝は絶望的かに思われた。

優勝する可能性は、かぎりなく小さかった。

が、優勝した。

とても小さな可能性、ほとんどないかに思われた可能性が、

実際にはあったよ、存在してたんだよ、ゼロじゃなかったよ、ってわかったとき、

こんなにも人を感動させるものなんだな。