読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

性的な接客を伴わないJKビジネスは、とくに問題がない。

政府は、性的な接客をともなうJKビジネスに対する取り締まり

を強化する方針を打ち出したようだが、

性的な接客をともなわないJKビジネスには、

とくに問題がないことを、しっかりと確認しておく必要がある。

 

JKビジネスが問題となるのは、そこに性的な接客の問題がからみ、

女子高生が性的な被害にあう危険性が存在することにある。

問題の本質は性的な接客にあるのであって、

JKビジネスそのものがいかがわしい、とか、

女子高生と交流したいという考え自体が気持ち悪い、とか、

そういう観点で規制がなされることは、絶対にゆるされない。

 

性的な接客、性的な被害をなくしていくためには、

JKビジネスからそういったダークな部分を除去していく方策を

探るべきであり、かつ、それで事足りる。

女子高生となんら性的な関係を持たず、ただふつうに

散歩をしたり、ウインドウショッピングをしたりすることじたいが

いかがわしい、という考えには、まったく賛同できない。

 

さらに付言すれば、こういった女子高生が金銭の絡んだ「性的被害」

にあう事例において、

女子高生を一方的に「被害者」として話をはじめるのも誤りである。

売買春の事例においては、買う側を厳しく罰するのであれば、

売る側も同様に厳しく罰するのがすじである。

かつ、売春女子高生が、「客は気持ち悪かった」と発言している例が

あったが、

客だけでなくおまえも同様に気持ち悪いわ、と、はっきり言っておきたい。