男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

痴漢事件の捜査、審理においては、推定無罪の原則の貫徹を。

最近、東京のほうで、痴漢を疑われた男性が駅から線路に進入し、

走り去るということがあった。

痴漢を疑われただけでは、その男性がほんとうに痴漢をしたのかどうか

は、まったくわからない。

また、走り去ったという一事をもって、痴漢の容疑が高まったと解釈

するのも誤りである。

現在の日本では、痴漢をうたがわれて駅長室へ行けば、

女の言い分ばかりを聞いて男性の意見に耳を傾けないという。

この状況は、警察の取り調べにおいても同様で、

裁判所においても有罪になりやすいという。

このようなおかしな状況であれば、痴漢をうたがわれた男性が

走り去るのももっともなことで、

走り去った一事をもって痴漢をおこなったとして男性を非難する

のではなく、

そのような異常な日本の捜査、審理のありかたを是正することこそ

が、求められることだ。

 

男性に一方的に不利な捜査、審理のありかたを漫然と放置する

ことで、女を調子づかせてはいけない、と、厳重に警告する。