男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

樹木のかたちと、この世界の秘密。

樹木というのは、あちこちにある。

街並みをあるけば街路樹があるし、山林にももちろんある。

 

樹木というのは、たいていは似たり寄ったりなかたちをしている。

大地に根っこをもち、地面からしばらくの高さまでは、

太くてごつごつし、地味な色合いの1本の幹がのびていく。

しばらくの高さになると、枝分かれしていく。

そして枝はつぎつぎと分岐し、その先端に葉っぱや実をつける。

 

この樹木を思い浮かべて、自分はこんなことを考えた。

この樹木のかたちというのは、この世界のかたちに似ているのではないか、

と。

 

この世界というのは、森羅万象といわれるように、

数限りないいろんな分野に分岐している。

自然界を見渡してみれば、大空があり、大地があり、

山があり、海があり、野原があり、川があり、

水があり、火があり、雷があり、風がある。

生き物でいえば、犬がいて、猫がいて、クマがいて、キリンがいて、

ゾウがいて、ヤマアラシがいて、ハチがいて、コオロギがいる。

人間でいえば、お父さんがいて、お母さんがいて、

おじいちゃんがいて、おばあちゃんがいて、お兄さんがいて、

お姉さんがいて、おじさんがいて、おばさんがいて、

学校の先生がいて、近所のおじさんがいて、新聞を配達するひとがいて、

お医者さんがいて、会社の上司がいる。

書店にいけば、森羅万象の分岐はあきらかだ。

物理学、化学、生物学、天文学、電気工学、医学、薬学、看護学

数学、コンピュータ、文学、小説、料理、占い、旅行、スポーツ、

鉄道、車、手芸、将棋、囲碁、マージャン、コミック、

さまざまなコーナーがあるはずだ。

 

森羅万象といわれるような、この無限にもみえる分岐というのは、

樹木でいうと、ある程度の高さより上の部分の、

枝葉がどこまでも分岐していく部分にあたるのではないか。

とするならば、

樹木でいうとそのたくさんに分岐した枝葉のしたの部分には

ただ1本の太い幹があり、分岐した枝葉もただ1本のその太い

幹へと回帰していくように、

無限に見えるようなこの世界の森羅万象の背後、根源には、

なにか根本となるような深遠な1つの原理がかくれていて、

森羅万象の存在や現象も、みな、そこに帰着していくのではないか。

そんなふうに考えた。

 

では、そんな森羅万象のかえっていく、この世界の根本原理、

世界の秘密、真理、からくり、枢機は、

いったい、どんなところにかくれているのだろう。

じつは、これについても、樹木の形状が示唆を与えてくれるのかも

しれない、と考えている。

 

樹木というのは、四季折々の変化をみせる。

春になれば、梅や桜といった樹木は花を咲かせる。

「やあ、きれいだね」と言って、ひとは、お花見をしたりする。

夏になれば、枝は緑の葉っぱでぎっしりとおおわれる。

蝉がみーんみーんと鳴いたりして、子供たちは蝉取りをするかもしれない。

秋になれば、葉っぱは赤や黄色に色づく。

「やあ、きれいだね」と言って、ひとは、紅葉見物をしたりする。

冬になれば、樹木は葉っぱを落とす。

凍てつくような寒空にそびえる枝だけになった樹木をみて、

ひとは冬の訪れを感じるかもしれない。

 

樹木の、ある程度の高さよりうえの枝葉の部分というのは、

よく変化する。

変化するものは、ひとの耳目をひきつける。

「やあ、きれいだね」と言って桜を見、

「やあ、きれいだね」と言ってもみじを見る。

ひとは、「見ようと」するのだ。

 

しかし、「見ようと」して視界にいれたその先にあるのは、

樹木でいえば、枝葉の部分。

この世界でいえば、森羅万象のさまざまに分岐した実際の存在や現象

にあたる部分だ。

 

この世界でいうところの、さまざまに分岐した森羅万象の存在や現象の、

背後に隠れている根本の原理、深遠な原理にあたる部分は、

樹木でいえば、枝葉よりはしたにある、1本のごつごつした太い幹だ。

はたしてひとは、このごつごつした1本の太い幹を、

「見ようと」するだろうか。

 

しないだろう。

その1本の太いごつごつした幹は、色もこげ茶か薄茶色で、

表皮はざらざら、ごつごつしていて、

れいな花を咲かせるでもなく、きれいな紅葉をみせるわけでもない。

人の目に、ひとの心に、特段の感興をなんらもよおさないから、

ひとはわざわざそれを「見ようと」はしないのだ。

 

じゃあ、ひとには、その1本の太いごつごつした幹は、

見えていないのだろうか。

 

それもちがう。

ひとには、その1本の太いごつごつした幹は、いつも「見えて」いる。

れいな桜の花や、きれいなもみじの紅葉は、枝葉のほうにある。

ひとはそれを「見ようと」すれば、視線をあげなければいけない。

視線をあげて、わざわざ「見ようと」したその先にあるのが、

そのきれいな桜やもみじなのだ。

しかし、1本の太いごつごつした幹はちがう。

ひとは、視線をわざわざあげなければ、その視線は、

だいたい自分のあたまと同じくらいの高さにある先を見ている。

そして、自分のあたまと同じくらいの高さには、ふつう、樹木でいえば、

1本のごつごつした太い幹があるのだ。

 

つまり、

1本のごつごつした太い幹は、「見ようと」しないとき、

いつも「見えて」いる。

でも、ひとにはそれが、あまりにもあたりまえすぎて、見ているなどとは

思わないのだ。

だから自分はおもう。

この世界の森羅万象の背後にかくれている根本の原理、深遠な原理は、

「見ようと」してどこか遠くを探し求めたその先に存在するのでは決してなく、

たとえば、巨大な実験施設を使用しなければならないような、

科学的な探索のその先にあるのでは決してなく、

世界の果てをもとめて大海原の果てまで航海していったその先にあるのでは

決してなく、

あまりにもあたりまえすぎて、かえって注意をはらわないようなものの

なかに隠されているだろう、と。