男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

時間とお金を節約するリスト

時間とお金を節約する方法を、リストにまとめておこうと思う。

思いついたら、その都度付け足していこう。

 

1 初詣に行かない。初詣だけではなく、ふだんから神社仏閣の

  たぐいから距離をおく。お守りやお札、お賽銭、道中の交通費

  を節約できるほか、往復の移動時間、労力の節約にもなる。

  たぶん、行っても行かなくても、運気にはあまり関係がない、

  はず。

 

2 風俗関係にお金をつかわない。ソープ、イメクラ、ヘルス、

  個室ビデオといったものにお金をつかわず、ネットの無料動画

  ですませる。病気もふせげる。

 

3 髪をカットに行く回数をへらす。ただし、自分で髪をカットするのは、

  効率が悪い。

 

4 ネットやスマホの料金プランを見直す。

 

5 時間のある人であれば、相続登記などを司法書士にたのまず、

  自分でやる。不動産売買などに関する税金の申告が必要な場合にも、

  税理士にたのまず自分でやる。裁判で弁護士をたのまず、

  本人訴訟をする。

 

6 たまに、寿司や焼き肉など、1回の食事でどばっとお金が出る

  ものを食べたくなる衝動にかられる時期がくるが、そこを乗り切る。

  しばらくしたら忘れる。

 

7 映像作品を見たくなったら、ネットで無料で視聴できるものに

  しておく。ツタヤとかでDVDをレンタルしに行くと、

  借りるときと返す時の往復移動時間、料金がとられる。

 

8 お金だけでなく、時間も大切にする。労働に対する時給は、

  ひとによって異なるが、かりに、時給1000円とすると、

  3分の価値と50円の価値は等しくなる。

  ということは、たとえば、30円安い商品を買うために5分

  余分にかけて遠くのスーパーへ行くことは、損になる。

 

9 自分の労働に対する時給をいつも計算しておく。

  不当に安い賃金でこき使われているなら、その時間は働かずに

  自分でその時間を味わったほうがいい。

 

10 将来かならず使うものは、まとめ買いしておく。

   何度もその場所に足を運ばなくてすむ。

   ただし、本をまとめ買いすると、読まずに積んでおく可能性

   が高まる。

 

11 腕時計の電池は、自分で交換する。そのための精密ドライバー

   を100均で買っておく。

 

12 図書館は、お金の節約にはなるが、時間をうしなう可能性がある。

   借りに行くとき、返しに行くとき、往復の移動時間、労力を

   とられる。図書館が遠い場所にあるのなら、なおさらだ。

 

13 1000円以下でカットしてくれる格安の美容室、理容室

   であっても、待ち時間がすごく長いかもしれない。

   自宅の近所にあって、予約ができる美容室、理容室であれば、

   時間の節約になる可能性がある。

 

14 保険を見直す。

   家財道具が全部合わせても100万円もしないのに、

   家財道具600万円までを保障する火災保険などは不要。

 

15 100均を利用する。

   100均でそろうものは多くなっている。ふだんから100均

   にある品物をチェックしておくといい。

 

16 スポーツジムには通わない。

   簡単なタスクであればあるほど、習慣化に成功しやすい。

   ダイエットや健康のためであれば、まずはウォーキングを。

   ふつうの服装、ふつうの靴で、やりかたなどは意識せず、

   ふつうに近所を歩きまわって帰ってくるだけでいい。

   最近のスポーツジムは老人のたまり場になっていて、

   リフレッシュ効果も期待できない。

 

17 払っても払わなくてもいいお金を、思いつきで払ってしまわない。

   たとえば、同窓会費とか、災害に際しての寄付金とか。