男性差別、ときどき、世界への反逆。

この世界についての非主流的な意見と、男性差別についての考えをすこし。

男性だけを犯罪者扱いしてはならない

だれかを犯罪者扱いする場合に、

男性と女性とで差別的な取り扱いをしてはならないのは、

いうまでもないことだろう。

 

男性が誰かの手をはたいたことが暴行罪としてあつかわれるなら、

女性が誰かの手をはたいた場合にも、当然、暴行罪としてあつかう

のがスジである。

中年男性が女子小学生に「こんにちわ」と声をかけた場合に、

もし仮にそのことが、いわゆる声掛け事案に該当するとする

のであれば、

中年女性が男子小学生に「こんにちわ」と声をかけた場合にも、

同様に声掛け事案としてあつかわなければ、スジがとおらない。

男性が女子高生に道を尋ねた場合に、万が一にも声掛け事案として

あつかわれるのならば、

女性が男子高生に道を尋ねた場合にも、同様の扱いをしなければ、

おかしなことになるだろう。

 

社会には、男性も女性もいる。

いっぽうの性だけをむやみやたらに持ち上げ、

他方の性をおとしめ、さげすむことのないようにしたいものだ。